ジャスラの音楽著作権レポート 著作権やJASRACについて学ぼう!
JASRAC レポートのもくじ(サイトマップ) ジャスラの音楽著作権レポート 著作権やJASRACについて学ぼう!
音楽を作る人、つかう人
著作権(ちょさくけん)って?  
1 2 3 4



詞やメロディなど音楽そのものを作る人が持っているのが「著作権」、CDを作ったり、歌ったり演奏して音楽を私たちに届ける人たちが持っているのが「著作隣接権」という権利です。

「音楽をつくる人」の法律上の権利をまとめると以下のようになります。
著作権・著作隣接権
 
著作権と著作者人格権
著作権は、大きく分けて著作権(財産としての権利)と著作者人格権(作者の人格的な権利)の2つがあります。

権利 権利の内容
著作権
※通常「著作権」という時はこの権利のことを指します
「財産としての権利」
コンサート、CD、テレビなどで「音楽をつかう人」に許可して、対価として使用料を受け取ることができます。
「複製権」、「演奏権」、「公衆送信権」などいくつかの権利があります。
※お金や土地と同じような財産権ですので、権利を他人にゆずったり、相続することができます。
著作者人格権 著作者(作詞家・作曲家など)がつくった作品を公表するかどうかを決めたり、勝手に変えられないようにするなど「人格的な権利」を守っています。
公表権(こうひょうけん)、 氏名表示権(しめいひょうじけん)、同一性保持権(どういつせいほじけん)という3つの権利があります。


通常、著作権という場合は「財産としての権利」のことを指します。
著作権を持っている人は、「つかう人」が許可を求めてきたら、
「使っちゃダメ」「使っていいけどお金を払ってね」「タダで使っていいよ」
などということができます。
著作権は財産としての権利ですから、一般的には「使っていいけど、お金を払ってね」ということが多いのです。
次へ
 
つくるひと、つかうひと 著作権って? 手続きっているの? 学校で音楽をつかうときには クイズ
 
macromedia FLASH PLAYER FlashPlayerのプラグインが必要です。インストールされていない方はこちらからダウンロードしてください。
  Copyright C JASRAC All Rights Reserved.