ジャスラの音楽著作権レポート 著作権やJASRACについて学ぼう!
楽譜・歌集など出版物

合唱サークルの発表会のプログラムに歌詞や楽譜をのせる
修学旅行用の歌集に歌詞をのせる

楽譜集、雑誌、プログラムなどの出版物に歌詞や楽譜をのせる場合の手続きや使用料について見ていきましょう。

市販されている楽譜のコピー
まず、使いたい曲の著作権を誰が(どこが)管理しているのか確認しなければいけません。
JASRACはたくさんの曲の著作権を管理していますが、JASRAC以外の著作権管理会社が管理していたり、作詞家や作曲家が自分で管理しているケースもあります。
JASRACがホームページで公開している作品検索データベース(J−WID)で調べてみましょう。


市販されている楽譜のコピー

欲しい楽譜が販売店で品切れになっていて、手にはいらない場合は、発行元の楽譜出版社に在庫がないか問い合せてください。
発行元の楽譜出版社に連絡しても、在庫切れや絶版で手に入らないためにコピーする必要がある場合は、著作権の手続きをしてください。

使用料ってどうやって計算するの?
合唱サークルの発表会のプログラムに歌詞や楽譜をのせる場合、発行部数に応じて歌詞・楽譜それぞれ1曲ごとの使用料は以下のように決められています。

2,500部まで 1,800円
5,000部まで 3,600円
10,000部まで 6,000円
50,000部まで 9,000円
100,000部まで 12,000円
100,000部を超える場合 18,000円

例えば、発表会のプログラムを200部つくって、日本の曲の歌詞、楽譜を1曲のせる場合には、「発行部数が2,500部まで」の区分に該当しますので、1800円×2=3,600円になります。
※別途、消費税が加算されます。

楽譜集を出版して販売する場合の使用料は、発行部数に応じて使用料を計算します。 (楽譜集など歌詞や楽譜が主な内容になっている書籍については、 定価の10%×発行部数が使用料になります。) 発行部数 掲載曲数
MEMO
[海外の曲(洋楽)の歌詞・楽譜を出版物に使う場合]

外国の曲の歌詞や楽譜を雑誌やプログラムなどの出版物にのせる場合、JASRACの使用料規定で決められている料金は適用されない場合があります。この場合、日本でその曲を管理している音楽出版社に「この曲の歌詞や楽譜をのせてもいいですか」などの問合せをする必要があります。どこの音楽出版社が著作権を管理しているかについては、JASRACで調べますのでお問い合わせください。



マンガへの歌詞の掲載、ポスターや歌碑への歌詞・楽譜の掲載

マンガなどの雑誌に歌詞がのっている場合、
[JASRAC(出)○○○○○○○‐○○○号]という番号を見たことがありますか?
これは、JASRACに著作権の手続きをして歌詞をのせているという意味です。
JASRACは、楽譜集や新聞・雑誌だけでなく、ポスターや歌碑などに歌詞や楽譜をのせる場合の手続き窓口になっています。
image
■マンガへの歌詞の掲載
新聞や雑誌に歌詞を載せる場合の使用料は発行部数に応じて使用料が決まります。 例えば、発行部数が200万部の雑誌で歌詞を1曲のせた場合の使用料は、51,000円になります。

■ポスターや歌碑など
ポスターや歌碑などの展示や掲示を目的としたものに、歌詞や楽譜を掲載する場合には、(製作部数や個数にかかわらず)1曲につき歌詞・楽譜それぞれ18,000円が使用料になります。歌詞と楽譜を両方のせた場合の使用料は36,000円です。
MEMO
[作詞家・作曲家・音楽出版社などへの使用料の分配]

雑誌やプログラムなど出版物の場合、出版社などから使った曲目の報告を受けて、作詞家・作曲家・音楽出版社などJASRACに著作権を預けている人たちに使用料を分配(渡す)するための資料を作っています。
JASRACは、使用料の20%を手数料として受け取った後、作詞家・作曲家・音楽出版社などに3ヶ月ごと(年4回)に分配しています。
前へ 閉じる 次へ