ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > 音楽をつかう方
  3. > 学校など教育機関での音楽利用

学校など教育機関での音楽利用

学校などの教育機関であっても、音楽をご利用になる場合、著作権の手続きが必要となるケースがあります。JASRACの管理楽曲であればJASRACにご連絡ください。
なお、JASRACの管理楽曲については、作品データベース「J-WID」でご確認いただけます。

※参考

学校その他の教育機関における著作物等利用に関するフローチャート(PDF:80KB)

文化祭・学園祭で演奏会や演劇などをする場合

文化祭・学園祭などで演奏会(コンサート、音楽発表会)や演劇、お笑いライブなどを主催する場合、有料であれば手続きが必要になります。また、無料であっても、プロのミュージシャンや劇団、タレントなどを招いて出演者に報酬を支払う場合は、手続きが必要になります。
(文化祭・学園祭以外にも、「芸術鑑賞教室」などで入場料を徴収したり、出演者に報酬を支払う場合も手続きが必要です)

なお、以下の3つの条件のすべてに該当する場合は、演奏利用における著作権の手続きは必要ありません(著作権法38条)。

  1. 営利を目的としていない
  2. 名目を問わず、入場料をとらない
  3. 演奏者(歌手やバンド)や指揮者など出演者へ報酬の支払いがない

学校内の行事をCD・DVDなどに録音・録画して配付する場合

合唱祭などの歌唱・演奏を録音・録画して配付する場合は著作権手続きが必要です。著作権法第38条1項の条件を満たしていれば、歌唱・演奏することについての手続きは不要ですが、その場合も複製の手続きは必要ですのでご注意ください。

なお、次の事業者は、合唱祭などの学校行事を収録し卒業生などに配付することや、吹奏楽などのコンクールの実演を収録し出演者などに販売することを目的とした録音・録画物を製作することについて、JASRACと協定を締結しており、事業者が著作権の手続きをしています。

→JASRACと協定を締結している事業者一覧(卒業記念用およびコンクール用録音・録画物)

※参考

楽譜などをコピーする場合

ブラスバンド部や合唱部などのクラブ活動で楽譜をコピーする場合には、手続きが必要です。

手続き方法

なお、以下の条件のすべてに該当する場合は、著作権の手続きは必要ありません(著作権法35条)。

  1. 営利を目的としない学校その他の教育機関である
  2. 授業を担任する教師やその授業を受ける生徒などがコピーする
  3. 授業の対象となる必要最小限の部分をコピーする
  4. 授業の過程においてコピーを使用する
  5. 既に公表されている著作物である
  6. その著作物の種類・用途、複製の部数・態様などを考慮して、著作権者の利益を不当に害しない

詳しくは、下記のガイドラインをご確認ください。

※参考

学校その他の教育機関における著作物の複製に関する著作権法第35条ガイドライン(PDF:100KB)

学校のホームページで、音楽を流す、歌詞を掲載する場合

学校のホームページで、音楽を流す、歌詞や楽譜を載せる、合唱コンクールの演奏の様子などを動画で配信する、などで音楽を利用する場合には手続きが必要となります。

なお、学校のホームページに、JASRACが著作権を管理する校歌を掲載する場合は、著作者から特段の申し出がない限り、所定の申込書をご提出いただくことで、当分の間、使用料を免除しています。

上記以外の方法で音楽をご利用になる場合は、「音楽をつかう方」から、手続き方法等をご確認ください。

※参考サイト

文化庁「著作権に関する教材、資料等<学校関係者向け著作権の教育情報>

著作権情報センター「学校教育と著作権

JASRAC PARK 「学校で音楽を使うときには」のコーナーでは、学校での音楽利用の場面や行事ごとの解説のほか、授業で利用できるワークシートを掲載しています。是非ご活用ください。

学校で音楽を使うときには

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。

Adobe Readerをダウンロードする

このページの上部へ
音楽をつかう方

手続きのご案内