ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > 音楽をつかう方
  3. > インターネット上での音楽利用
  4. > 非商用配信
  5. > 利用曲目報告について(非商用配信)

利用曲目報告について(非商用配信)

お支払いいただいた著作物使用料を分配する作品を特定するため、以下のご報告をいただいております。許諾期間が満了する月に、申込者に利用曲目報告に関するメールをお送りいたします。

報告スケジュール

許諾期間満了後に許諾期間中の利用曲目を一括してご報告いただきます。
報告期限は満了月の翌月末日となります。

例:2014年1月〜2014年6月までの契約の場合 1月〜6月分を7月末までに報告

利用曲目報告方法

利用された楽曲の権利情報等をご報告いただきます。報告用ファイル(タブ区切りテキスト形式)を下記の手順でご作成のうえ、J-TAKT(オンラインラインセンス窓口)にてアップロードしてください。

報告手順

エクセルなどの表計算ソフトやメモ帳などのテキストエディタで報告データを作成します。

報告書作成用ファイル(非商用配信)(25KB)

作成したエクセルファイルは「テキストファイル(タブ区切り)」に変更してください。

タブ区切りテキスト形式で保存します。
ファイル名を「許諾番号+報告年月(16桁の英数)」に変更します。

(例)許諾番号:J123456789 → ファイル名:「J123456789201312.txt」
報告年月:2013年12月

J-TAKTにログインし、「利用曲目のご報告 [J-NOTES]」で報告ファイルをアップロードします。報告曲数(ファイルの行数)を入力してください。
翌日、ファイルのチェック結果(エラー/受付)がメール送信されます。受付通知メールが送信された場合や、「状況」が「チェック済」「受理」になっていた場合は完了です。エラー通知メールが送信された場合には、ファイルを修正して再度アップロードしてください。

エラーについて

報告エラー

ファイルにエラーがあった場合、翌日メールが送信されます。エラーの内容を確認するには、再度ログインのうえ、報告画面上の「ERROR」マークをクリックし、修正したファイルを再度アップロードしてください。主なエラーの解決方法は、 音楽利用の手引き(1.35MB)の「報告項目エラー表」をご覧ください。

「タブの数が違います」「報告件数とファイルの件数が一致しません」というエラー

データの最後にスペースなど空白行が入っていることがあります。テキストファイルを開いて、一番最後のレコードよりも下にカーソルが移動する場合は [Del]キーなどでスペースを削除してください。

その場でエラー/受付結果を知りたいときは

仮チェック機能がご使用いただけます。アップロード後、ラジオボタンにチェックを入れ、「仮チェック」ボタンを押してください。1時間程度(混雑時はこの限りではありません)でメールによりチェック結果をお知らせします。エラーがある場合はエラー内容もメールに記載されます 。

お問い合わせ JASRAC送信部ネットワーク課
メールフォーム
このページの上部へ