日本音楽著作権協会 JASRAC
卒業記念用およびコンクール用録音・録画物に関する取扱い
次の場合には使用料を減額する運用基準を適用しています。
①学校等の教育機関から依頼を受け、学校行事等の様子を収録し、生徒等を対象に配布することを目的として、CD・DVD等に複製する場合

②催し物の主催者から依頼を受け、コンクール等で演奏、実演する様子を収録し、出演者等に販売する(一般に販売する場合を除く。)ことを
目的としてCD・DVD等に複製する場合


この運用基準の適用にあたっては、事前に所定の利用許諾契約を締結していただく必要があります。詳しくは、以下の内容をご確認ください。

本取扱いに対応した利用許諾契約の締結をご希望の方はこちら

本取扱いに対応した利用許諾契約を締結するメリット

  • 使用料が減額されます。
    ※コンクール用録音物については、製造数が9個以下のものに限り減額の対象となります。
  • 外国作品をご利用の場合も、使用料が指し値になりません。
    ※録画物に外国作品をご利用になる場合でも、定額の使用料(内国作品と同一金額)で使用料を計算します。
  • 事務の軽減が図れます。
    ※複数の録音物を製作する場合、所定の一覧表を提出することで一括して許諾番号が取得できます。
    ※コンクール用録音・録画物では、複数の録音・録画物を催し物ごとに一括して申込みできます。
  • 契約締結事業者であることをホームページに掲載できます(希望した事業者に限ります。)。

使用料の計算方法

卒業記念用録音・録画物に関する運用基準使用料計算方法

コンクール用録音・録画物に関する運用基準使用料計算方法

お問い合わせ窓口

本取扱いに対応した利用許諾契約の締結をご希望の方はこちら
  • CD等の録音物について
    担当部署:複製部 録音課
    電話番号:03-3481-2169
    受付時間:平日9時〜17時
  • DVD等の録画物について
    担当部署:複製部 ビデオグラム課
    電話番号:03-3481-2172
    受付時間:平日9時〜17時
×閉じる
Copyright (C) JASRAC All Rights Reserved.