ページ内移動用のメニューです。


  1. > トップページ
  2. > 音楽をつかう方
  3. > CD・テープ・ICなど録音物の製作

CD・テープ・ICなど録音物の製作

このページでは、CD・テープ・ICなどに音楽作品(※)を複製利用(録音)する場合の手続きについてご案内しております。

  • JASRACが許諾することができるのは、JASRACが著作権を管理している音楽作品(JASRAC管理作品)に限ります。
    JASRAC管理作品でない場合は、当該作品の権利者から許諾を得る必要があります。
    また、JASRAC管理作品であっても、JASRACが著作権の一部のみを管理している場合は、以下の手続きをいただくとともに、JASRAC以外の権利者からも許諾を得る必要があります。

録音物であっても、以下の場合は手続きが異なりますので、それぞれ該当するページをご覧ください。

  • 宣伝、広報などの広告目的で演奏(再生)、配布などする制作物への録音
    例)店頭、イベント会場、アドトラック、音声POP用の宣伝音声
       楽曲を使用したキャンペーンの一環として配布するノベルティグッズ
  • 動画を伴わないゲーム(業務用に限る)への録音
このページでご案内する手続きの対象の例
(上記の広告目的の利用・動画を伴わないゲーム(業務用に限る)への利用を除く)
  • 市販用や無料配布用のCD、レコード、テープなど
  • スライドショー(静止画)用のDVDなど
    ※動画に楽曲をご利用になる場合には「録音物」ではなく、「映像ソフト」の利用申込手続きが必要です。
  • ICなどを内蔵した製品(玩具、マイク一体型カラオケ、電話機、電子ピアノなど)
  • オルゴール
  • カリヨンなどの建造物

■録音物にJASRAC管理作品を利用する場合の概算使用料をご確認いただけます。

CD・テープ・ICなどの録音物 使用料計算シミュレーション

手続きの流れ

申込前のご注意(必ずお読みください)

STEP1利用予定作品がJASRACの管理作品かどうかを確認

(作品データベース)

J-WIDで利用予定作品の「録音」の管理状況をご覧いただき、JASRAC管理作品(一部管理含む)であることを示すのマークが表示されている場合は、以下の手続きにお進みください。

  • J-WIDで該当する作品が見つからないなどの理由により、お電話でお問い合わせをいただく場合は、作品名と著作者名またはアーティスト名、作品の収録されているCDの製品名、製品番号など、作品を特定できる情報をお知らせください。

第三者が制作した音源をご利用になる場合

市販CDやダウンロードした音源などをご利用になる場合は、JASRACへのお申込みの前にレコード会社・実演家などの許諾が必要です。(著作隣接権)。直接レコード会社へお問い合わせのうえ、許諾を得てください。
主なレコード会社の連絡先は日本レコード協会音源利用許諾窓口一覧に掲載されています。

専属楽曲をご利用になる場合

レコード会社に独占的な利用が認められている専属楽曲をご利用になる場合は、JASRACへのお申込みの前に当該レコード会社から許諾を得てください(専属解放手続き)。

  • J-WIDの作品詳細表示にの表示がある場合は、専属解放手続きが必要になります。

STEP2J-RAPP(オンラインライセンス窓口) または申込書による手続き
※録音物に許諾番号を表示する必要がありますので、日数に余裕をもってお申込みください。

(A)J-RAPP(オンラインライセンス窓口)

J-RAPP

J-RAPP利用のメリット

  • ログインIDをお持ちの方は、
    J-RAPPトップメニューからログインしてください。
  • ログインIDをお持ちでない方は、
    J-RAPPトップメニューの「利用窓口解開設申込」ボタンを押し、
    ①ご利用者の情報入力
    ②「J-RAPP利用申込書」のご提出(FAX、郵送)をしてください。

    「J-RAPP利用申込書」受付から最短3日で、IDとパスワードを書留郵便でお届けします。

(B)申込書

※J-RAPPをご利用いただけない場合

申込書類のダウンロード

FAX03-3481-2744
原本の郵送は必要ありません。

郵送
[郵送先]
〒151−8540 東京都渋谷区上原3-6-12
JASRAC複製部録音課

来会
受付時間 9:00〜17:00(平日)

※無償で頒布するサンプル盤も手続きが必要です。

※歌詞カードや楽譜などを添付する場合は、出版利用申込手続が必要となります。

追加製造をする場合にも必ず申込手続きをしてください。

すでに利用許諾を得て発売(頒布)した録音物を追加製造する場合は、追加製造分の申込手続が必要です。

  • J-RAPPによるお手続きの場合は、J-RAPPログイン後、「追加申請」よりお申込みください。
  • 申込書によるお手続きの場合は、「録音利用申込書」および「申込書別表」をご提出ください。

JASRACより、許諾番号を通知します

(A)J-RAPPによる手続きの場合

申込受付後2、3営業日程度で許諾番号が記載された「録音許諾手続完了のご案内」(電子メール)を送信します。

(B)申込書による手続きの場合

FAX・郵送
申込受付後、許諾番号が記載された「録音利用許諾書」および「録音許諾番号交付票」を郵送します。
お手元に届くまで1週間程度かかります。

来会
「録音利用許諾書」および許諾番号が記載された「録音許諾番号交付票」を即日交付します。

  • 申込内容によっては即日交付できない場合があります。

※申込内容に不備がある場合は、確認のために日数を要する事がありますので、予めご了承ください。

※概算使用料を前払いでお支払いいただくことが許諾条件となる場合があります。

STEP3録音物に許諾番号およびロゴマーク等を表示

許諾番号およびJASRACマーク等を表示してください。

許諾番号等の表示方法

JASRACマークのメール送信を希望の方はこちら

  • JASRACと協定を締結しているプレス事業者(協定プレス事業者)で録音物を製造される場合、許諾番号の末尾にプレス事業者のイニシャル(アルファベット2文字)が入ります。
  • JASRACが利用内容等を確認するために録音物の提出を求めた場合は、速やかにご提出ください。

JASRACより、請求書を発送します

JASRACが申込内容にもとづき、請求時の権利関係で使用料を算定します。「請求書」と「管理著作物使用料請求明細書」をお送りしますので、ご確認ください。

  • 許諾番号通知後、新譜の場合は2〜3ヶ月後、追加申請の場合は1〜2ヵ月後の送付となります。
  • 権利関係が未確定であるなど特別な理由で請求が遅れる場合がありますので、予めご了承ください。
  • 権利関係の変動などにより、請求日時点において、著作権の全部または一部がJASRAC管理でなくなった場合があります。JASRACが許諾した著作物は、請求書とともにお送りします管理著作物使用料請求明細書の「権利確認の表示」欄に「JASRAC」と表示されたものに限りますので、予めご留意ください。

STEP4使用料のお支払い

請求内容をご確認のうえ、請求書発行日より30日以内に振込または持参にてお支払いください。

振込の場合  振込先一覧

振込手数料はお振込み人の負担となりますので、ご了承ください。

来会の場合  JASRAC本部地図

[受付時間] 9:00〜17:00(平日)

各種変更について

各種変更が生じた場合は、以下の届出書をFAX、郵送または持参にてご提出ください。

使用料について

■使用料計算シミュレーション

録音物にJASRAC管理作品を利用する場合の概算使用料をご確認いただけます。

CD・テープ・ICなどの録音物 使用料計算シミュレーション

■使用料計算方法

■規定等

  • 非商用利用につきましては、一定の条件を満たす場合に限り、使用料が減額されます。
お問い合わせ

JASRAC複製部 録音課
TEL:03-3481-2169(平日9:00〜17:00)
FAX:03-3481-2744

よくあるご質問はこちら

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。

Adobe Readerをダウンロードする

音楽をつかう方

手続きのご案内