ページ内移動用のメニューです。

お店などでBGMをご利用の皆様へ

音楽著作権とJASRAC

著作権法では、音楽を利用するにあたり、事前に、作詞者・作曲者・音楽出版者など著作権者の許諾を得る必要があると定められています。この著作権者の権利を「著作権」と言います。
日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権者から著作権の管理の委託を受け、音楽を利用する皆様から著作権の手続きをいただく窓口として業務を行っています。また、海外の楽曲についても、世界各国の音楽著作権管理団体と契約を結び、管理にあたっています。
皆様からお支払いいただいた著作権使用料は、管理手数料を控除した上で、著作権者に分配しています。

※ 音楽を利用する皆様からお支払いいただいた使用料が、作詞者・作曲者等の創作活動を支え、そこで生まれた新しい楽曲が、また利用者の皆様に還元される。この「創造のサイクル」に貢献するため、JASRACでは、利用と権利保護のバランスが取れた公平・公正な音楽著作権管理を目指しています。

音楽著作権とは

JASRACとは

JASRACの分配のしくみ

「BGM利用」とは

「BGM利用」とは

このページでは、お店などにおいて、携帯音楽プレイヤーやCDプレイヤー、パソコンなどを使ってBGM(背景音楽)を流すことを「BGM利用」としてご案内します。

<「BGM利用」に該当しない例>

  • ピアノやギターなど、生演奏で音楽を流す
  • 動画に背景音楽をつける

著作権手続きとJASRAC

著作権手続きについて

著作権法では、利用方法ごとに権利が定められています。そのため、購入した音源であっても、それを利用(BGMやコピーなど)するときは、著作権者に対して手続きが必要となります。

JASRACに手続きが必要なBGM利用

BGMを次の条件で流す場合は、原則としてJASRACへの手続きが必要です(手続きが不要となる場合の詳細はこちら をご覧ください)。

  1. 1.お店などの施設で流している。
  2. 2.JASRACの管理楽曲を流している。

JASRACの管理楽曲かどうかは、作品データベース「J-WID」で確認できます。

※ 有線音楽放送などの業務用音源を利用している場合、施設に代わって、音源提供事業者がJASRACに手続きしているケースがあります(対象となる音源提供事業者一覧 )。

BGM利用の著作権使用料

店舗等の場合、面積が500㎡までの施設では、年額6,000円(別途消費税相当額を加算)で、JASRACが管理するすべての楽曲が何曲でも利用できます(手続きの流れはこちら をご覧ください)。

BGM管理の経緯

BGM利用で著作権者の許諾が必要に

それまで、日本の著作権法では、著作権者の許諾なく、レコードなどの録音物によりBGMを流すことができる規定がありました(著作権法附則第14条)。しかし、著作権の国際条約であるベルヌ条約に違反している可能性を諸外国から指摘されたことなどから、1999年6月の法改正でこの規定は廃止されました(2000年1月施行)。

著作権法附則14条撤廃の経緯

BGM利用の管理開始

上記の法改正を受け、JASRACでは、利用者団体やBGM音源提供事業者などとの協議を進め、「有線音楽放送など業務用音源の利用については、事業者が施設に代わりJASRACに手続きすること」を合意しました。その後、文化庁長官への使用料規程の届出を経て、2002年4月から管理を開始しました。
管理開始当初、有線音楽放送などによるBGM利用が主流だったため、ほとんどのお店が、個別にJASRACに手続きする必要はありませんでした。

BGM音源の多様化

デジタル化・ネットワーク化が進んだことなどから、携帯音楽プレイヤー、CDプレイヤー、パソコンやタブレット端末などによりBGMに利用するケースが増えてきました。こうしたBGM利用はお店ごとに著作権の手続きが必要となることから、JASRACでは、BGM音源の多様化にあわせて、お店などに広く周知活動を行っています。