ページ内移動用のメニューです。


使用料が作詞者、作曲者、音楽出版者に届くまで

外国で作品が使われた場合

JASRACは、外国団体と相互管理契約を結んでいます。相互管理契約では、自国の利用者・権利者に適用しているルールに基づき相手国の作品を管理することになっています。(音楽が国際的に管理されるしくみ参照)
これにより、JASRACの管理作品が外国で利用されると、その国の団体がJASRACに代わって利用を許諾し、使用料を受領します。そして、その使用料が、楽曲明細と共にJASRACに送られてきます。

日本国内では、JASRACと契約を締結していない(JASRACメンバーではない)作詞者・作曲者の作品でも、音楽出版者と契約をしていれば、JASRACが管理をしています。
しかし、多くの外国団体は、JASRACメンバーではない作詞者・作曲者の取分については、音楽出版者との契約があっても、使用料を送金してきません。そのため、JASRACメンバーではない作詞者・作曲者は、外国での利用については分配を受けることがほとんどできません。(詳しい使用料の流れについては、演奏権使用料が権利者に届くまでをご覧ください。)

JASRACでは、外国団体から受領した楽曲明細を、JASRACの作品データベースと照合し、作品コードを特定した上で、関係権利者に分配します。

外国で作品が利用された場合に使用料が分配されるまで

外国で作品が利用された場合に使用料が分配されるまでの図

※各団体のルールに従い、使用料・送金額を計算する。

JASRACは、楽曲ごとに作品コードを付与し、関係権利者や分配率など、権利者ごとの分配額を確定して各権利者へ分配するために必要な情報を、作品データベース上で管理しています。

JASRACは外国団体から、電子データで楽曲明細を受領しています。この明細データをJASRACのデータベースと自動照合し、作品コードを特定します。自動的に特定できなかったデータについては、手作業で特定します。

原則として、外国団体は作品単位で使用料を送金してきます。JASRACは、関係権利者が届け出た分配率(※)に従い、外国団体が送金対象として指定してきた権利者へ分配しています。

※ 国・地域によって異なる場合、利用された国・地域で適用される分配率

JASRACが行う分配額の計算

JASRACが行う分配額の計算の図

使用料の流れ

外国団体の集めた使用料は、演奏権使用料と録音権使用料に分けて日本国内の関係権利者に届きます。
演奏権使用料とは、コンサートでの演奏や放送など流れた音楽が形に残らない利用に伴う使用料のことです。録音権使用料とは、CDやDVDなど音楽がディスク等に複製されて物として残る利用に伴う使用料のことです。

関係権利者には、作詞者・作曲者だけでなく、音楽出版者も含まれます。
作詞者・作曲者と契約を結び、作品のプロモーションを行うために著作権の譲渡を受ける音楽出版者をオリジナル・パブリッシャー(OP)といいます。OPは、自国以外でのプロモーションを現地の音楽出版者に任せることがあります。その場合の現地の音楽出版者をサブ・パブリッシャー(SP)といい、OPがSPと結ぶ契約をサブ・パブリッシング契約といいます。
日本の作詞者・作曲者の作品については、多くの場合、日本国内の音楽出版者がOPとなっています。

外国団体は、自ら収集した情報のほか、JASRACや現地のSPから提供される情報に基づいて、JASRACの管理作品を管理し、使用料を集め、楽曲明細とともに送金してきます。

ここでは、現地にSPが存在する作品について、外国団体の集めた使用料が日本国内の関係権利者に届くまでの流れを説明します。 

演奏権使用料が権利者に届くまで

録音権使用料が権利者に届くまで

分配スケジュール

外国団体から送金された使用料は、受領日に応じて年4回の分配期にまとめ、権利者(※)に分配します。

「分配ルールの基本」「3.分配の対象となる権利者の確定」参照

分配スケジュールの図

コーナーに関するお問い合わせ先
JASRACインフォメーションデスク
TEL 03-3481-2125
FAQ、メールでのお問い合わせはこちら

このページの上部へ