ページ内移動用のメニューです。


使用料が作詞者、作曲者、音楽出版者に届くまで

外国で作品が使われた場合

JASRACは、著作権に関する国際条約に加盟している主だった国の著作権管理団体と相互管理契約を結び、お互いの管理作品を管理しあっています(JASRACと管理契約を結んでいる外国の著作権管理団体の一覧はこちら)。

JASRACと、相互管理契約を結んでいる外国団体とは、お互いに自国内で相手国の作品が利用された場合、自国の利用者・権利者に適用している使用料規程、分配規程にもとづき管理することとなっています。したがって、JASRACの管理作品が外国で利用されれば、その国の団体によって管理され、著作物使用料が分配明細データと共にJASRACに送られてきます。

外国団体からの送金を受けた後の分配の流れは、国内で作品が使われた場合と基本的に同じです。

ただし、作詞者・作曲者と著作権譲渡契約を結んで権利者となった日本国内の音楽出版者が、外国の音楽出版者に当該地域における利用開発やプロモーションを任せるサブ・パブリッシング契約と呼ばれる契約を結ぶことがあります。その場合は次の1、2のようになります(このとき、日本国内の音楽出版者をオリジナル・パブリッシャー(OP)、サブ・パブリッシング契約を結んでいる外国の音楽出版者をサブ・パブリッシャー(SP)といいます)。

1. 日本国内の関係権利者がすべてJASRACと著作権信託契約を結んでいる作品の場合

外国団体は、JASRACが提供する情報の他、著作権管理の委任を受けている当該地域のSPから提供される情報に基づいて、JASRACの管理作品を管理し、使用料を集め、送金してきます。

[図3]日本国内の関係権利者がすべてJASRACと著作権信託契約を結んでいる作品の場合

コンサートでの演奏やTVなどの放送での利用のように、流れた音楽が形に残らないような利用に伴う使用料(以下まとめて「演奏権使用料」といいます。)については、いわゆるゴールデン・ルール(コラムコラム参照)により1曲の使用料の少なくとも1/2は作詞者・作曲者の取分となります。このため、作詞者・作曲者取分は、外国団体からの送金を受けた後、外国団体から受領した分配明細データにもとづいて、JASRACが直接作詞者・作曲者に分配します<図3(1)>。OP分の演奏権使用料は、JASRACを経由せず、外国団体から分配を受けたSPが直接OPに送金する<図3(2)>のが一般的ですが、OPとSPの間の取決めの内容によって、JASRACを経由してOPに分配するケースもまれにあります<図3(3)>。

一方、CDやDVDなど音楽がディスク等に複製されて物として残るような利用に伴う使用料(以下まとめて「録音権使用料」といいます)については、ほとんどのケースで当該地域における取分の100%をSPが有しています。このため、外国団体がSPに分配した後は、サブ・パブリッシング契約にもとづきSPがOPに直接送金<図3(2)>、その後OPが作詞者・作曲者との著作権譲渡契約にもとづき再分配する<図3(4)>のが一般的です。ただし、この場合も演奏権使用料と同様、OPとSPの間の取決めの内容によって、JASRAC経由でOPに分配するケース<図3(3)>もまれにあります。

2. 日本国内の音楽出版者(OP)がJASRACと著作権信託契約を結んでいて、作詞者・作曲者が結んでいない作品の場合

[図4]日本国内の音楽出版者(OP)がJASRACと著作権信託契約を結んでいて、作詞者・作曲者が結んでいない作品の場合

管理を委託する契約を世界のどの団体とも結んでいない作詞者・作曲者分の演奏権使用料は、一部の外国団体を除いて、通常JASRACには送金されません。OP分の演奏権使用料は、JASRACを経由せず、外国団体から分配を受けたSPが直接OPに送金する<図4(1)>のが一般的ですが、OPとSPの間の取決めの内容によって、JASRACを経由してOPに分配するケースもまれにあります<図4(2)>。

録音権使用料は、ほとんどのケースでは当該地域における取分の100%をSPが有しています。このため、外国団体がSPに分配した後は、サブ・パブリッシング契約にもとづきSPがOPに直接送金<図4(1)>、その後OPが作詞者・作曲者との著作権譲渡契約にもとづき再分配する<図4(3)>のが一般的です。ただし、この場合も演奏権使用料と同様、OPとSPの間の取決めの内容によっては、JASRAC経由でOPに分配するケースもまれにあります。

コーナーに関するお問い合わせ先
JASRACインフォメーションデスク
TEL 03-3481-2125
FAQ、メールでのお問い合わせはこちら

このページの上部へ