ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2022年3月25日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

2022年3月分配実績および2021年度通期の分配実績
-2021年度通期の分配額は1,159億円余となりました-

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、3月14日、作家・音楽出版社等の権利者に著作物使用料を分配しました。2022年3月の分配額は、329億8,587万9,534円(前年度同期比98.4%)となりました(※1)。

この結果、2021年度通期(2021年6月、9月、12月および2022年3月の4期合計)の分配額が確定し、1,159億7,205万7,244円(前年度比96.1%)となりました。この分配額は、主に2020年度下半期(2020年10月~2021年3月)と2021年度上半期(2021年4月~9月)の使用料収入が反映(※2)されたもので、JASRAC史上3番目の分配額となりました。

<利用分野別の主なトピックス(2021年度通期)>

 演奏会等・
 大規模演奏会等
新型コロナウイルス感染症の影響により、公演数の減少に加えて入場者数を制限する等、公演規模を縮小して開催するものが多かったため、合計で約35.9億円(前年比69.7%)となりました。
 社交場カラオケ 新型コロナウイルス感染症の影響で店舗の閉店・休業が相次いだため、約93.0億円(前年比85.5%)となりました。
 放送等 2020年度の放送事業収入の減少により2021年度の年間使用料徴収額が減少した影響が2021年12月分配から反映されたことなどから、約295.6億円(前年比94.2%)となりました。
 インタラクティブ配信 サブスクリプションサービスや動画配信サービスの市場が好調を維持していることなどから、約356.2億円(前年比107.1%)となりました。



2021年度通期の分配対象楽曲数は、282万6,076曲です。分配対象の権利者数は、音楽出版社を通じた分配を含めますと、著作者7万6,252人、音楽出版社2,895社です。このほか、117の外国団体を通じて38万3,105人の著作者、4万8,318社の音楽出版社にも使用料が分配されます。

JASRACは、今後もクリエーター・権利者への対価還元を通じて、音楽産業および音楽文化の発展に努めてまいります。

※1 権利者への送金の際、上記分配額から管理手数料、所得税等を控除します。また、分配日程は、当初の予定から前倒ししています(既報: 2021年2月4日「著作物使用料の分配日程の前倒しについて」)。
※2 使用料の入金から分配までに要する期間は科目によって異なります。

(参考資料)2022年3月・2021年度通期分配実績表


ページの終わりですページの先頭へ戻る