ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2021年6月 7日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

JASRAC・APMA共催 国際シンポジウム
「アジアのバイアウト問題を考える」の報告書を公開しました

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、2021年3月25日に開催したJASRAC・APMA共催 国際シンポジウム「アジアのバイアウト問題を考える」の報告書を公開しました。

国際シンポジウム「アジアのバイアウト問題を考える」報告書

このシンポジウムでは、国内外、特に若手のクリエーターが直面するバイアウト(楽曲の創作を委嘱される時に、一時金と引き換えに著作権が買い取られる商取引)をテーマに、その問題点と解決策を論じました。

第1部 トーク・セッション
ビヨルン・ウルヴァース ABBAメンバー、CISAC(著作権協会国際連合)会長
都倉俊一 作曲家・編曲家・プロデューサー、APMA会長(当時)

第2部 基調講演
アリス・リー 香港大学准教授

第3部 パネルディスカッション
ガディ・オロン CISAC事務局長
アリス・リー 香港大学准教授
渡辺聡 CISACアジア太平洋委員会委員長(司会)

当日の模様は、YouTube「JASRAC公式チャンネル」ニコニコ動画「JASRACちゃんねる」で映像配信しています。ぜひご覧ください。

※ 英語版は後日JASRACウェブサイト上で公開します。


ページの終わりですページの先頭へ戻る