ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2020年5月20日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

著作物使用料の分配日程の前倒しについて

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、新型コロナウイルス感染症への対応の一環として、作詞家、作曲家、音楽出版社等の権利者への著作物使用料の分配の日程を、以下のとおり当初予定から前倒しすることとしましたので、お知らせします。

分配期 分配日
当初予定 変更後の予定
2020年6月 06月25日(木) 6月12日(金)
2020年9月 09月25日(金) 9月11日(金)
020年12月 12月25日(金) 12月14日(月)
2021年3月 03月25日(木) 3月15日(月)

JASRACでは、利用者から提出された延べ24億以上の利用曲目(※1)について、楽曲を特定し、年4回、国内外年間約250万曲、47万以上の権利者(音楽出版社、外国団体を通じた分配を含みます)に、著作物使用料を分配しています(※2)。

2020年6月の分配は主に2019年度の使用料徴収に基づくもので、約293億円(※3)を見込んでいます。今回、新型コロナウイルス感染症への対応の一環として、分配までのスケジュールを短縮し、いち早く権利者へ分配することとしました。

※1 2018年度実績。
※2 2019年度実績。分配曲数、権利者数はユニーク数。
※3 権利者への送金の際、分配額から管理手数料、所得税等を控除します。


ページの終わりですページの先頭へ戻る