ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2020年11月18日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

第7回JASRAC音楽文化賞を発表しました

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、11月18日、第7回JASRAC音楽文化賞を発表しました。受賞者は次のとおりです。

<第7回JASRAC音楽文化賞 受賞者>
瀧井たきい 敬子けいこ 様(音楽学者、音楽プロデューサー)
西脇にしわき 義訓よしのり 様(音楽プロデューサー、指揮者)
山本やまもと 宣夫のぶお 様(ピアノ修復家)

JASRAC音楽文化賞は、売り上げや利用実績などの数字には表れない地道な活動を行っている個人・団体・作品等に光を当て、音楽文化の発展に寄与した功績を称え顕彰することにより、今後の活動への励みとしていただくことを願い、2014年11月に創設しました。受賞者には表彰盾と副賞(30万円)が贈られます。

顕彰候補は全国各地の報道機関等から寄せられ、有識者で構成する選考委員会で選考が行われました。

第7回JASRAC音楽文化賞の詳細はこちらをご覧ください。

JASRACは今後も、音楽風土を支え育む活動等に注目し、顕彰することを通じて、音楽文化の発展に寄与する取り組みを進めてまいります。


ページの終わりですページの先頭へ戻る