ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2020年8月 7日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

LINE株式会社と包括的利用許諾契約を締結しました

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、LINE株式会社(LINE社)との間で、同社が運営するサービスにおいて、同社のほか、サービスを利用する企業やアーティストなどのユーザーがJASRACの管理する音楽著作物を配信利用することについて、包括的利用許諾契約を締結しました。

<許諾対象のサービス(※)>
・企業やアーティスト等のLINE公式アカウントやLINE NEWSでの楽曲配信
・LINE LIVEでの楽曲配信
・LINEアカウント(個人ユーザー)でのLINE MUSIC配信楽曲との連携(BGM設定や友だちへレコメンドなど)

※ LINE MUSICにおける楽曲配信についてはLINE MUSIC株式会社と、LINE LIVEにおけるユーザーの投稿、配信(LINE公式アカウントとの連携を含みます)についてはLINE株式会社と、それぞれ既に許諾契約を締結済みでした。

今回の契約により、コンテンツを配信する企業やアーティストの皆さまは、許諾対象のサービスにおいて、JASRACが管理する国内外の多数の楽曲をストリーム形式で配信利用することについて、個別のお手続きや使用料の支払いをすることなく、ご利用いただけるようになります。また、個人ユーザーの皆さまは、既に許諾契約をしてきたLINE MUSICやLINE LIVEと併せて、LINE社のほか企業、アーティストが提供する音楽コンテンツを、適法に安心してお楽しみいただけるようになります。

JASRACは、これらの許諾契約を通じてLINE社から使用料の支払いと利用楽曲の報告を受け、JASRACに著作権管理を委託する作詞家、作曲家、音楽出版社等の権利者に対し、詳細な利用データとともに使用料を分配します。

JASRACはこれまでも、ユーザーの皆さまに安心して世界中の音楽を楽しんでいただくとともに、クリエーター等の権利者が適正な対価を受けることができるよう、サービスを運営される事業者の皆さまとの許諾契約を進めてまいりました。今回LINE社とは、「創造のサイクル」を育みながら音楽文化を発展させていくというJASRACの思いを共有することができ、ご契約に至りました。

JASRACは、今後も音楽の権利者、利用者の皆さまのパートナーとして、音楽産業および音楽文化の発展に努めてまいります。


ページの終わりですページの先頭へ戻る