ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2020年3月25日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

2020年3月分配実績および2019年度通期の分配実績
-2019年度通期の分配額は117,056,695,494円、前年度比103.9%-

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、3月25日、作家・音楽出版社等の権利者へ著作物使用料を分配しました。2020年3月の分配額は32,986,532,434円、前年度同期比92.7%となりました(※)。

この結果、2019年度通期(2019年6月、9月、12月および2020年3月の4期合計)の分配額が確定し、117,056,695,494円、前年度比103.9%となり、史上最高の分配額となりました。この分配額は、主に2018年度下半期(2018年10月~2019年3月)と2019年度上半期(2019年4月から9月)の使用料収入が反映されたものです。

利用分野別の状況(2019年度通期・主なもの)

<インタラクティブ配信>
サブスクリプションサービスや動画配信サービスの市場が拡大していること、サブスクリプションなどの音楽配信サービスの分配を早期化して2020年3月期に限り2期分を分配したことなどにより、前年度比で125.5%となりました。

<ゲーム目的複製>
JASRAC管理楽曲を利用したヒット製品が複数あり、前年度比143.9%となりました。

2019年度通期の分配対象楽曲数は、2,580,119曲です。分配対象の権利者数は、音楽出版社を通じた分配を含めますと、著作者72,667人、音楽出版社2,799社です。このほか、120の外国団体を通じて349,039人の著作者、46,918社の音楽出版社にも使用料が分配されます。

JASRACは、今後もクリエーター・権利者への対価還元を通じて、音楽産業および音楽文化の発展に努めてまいります。

※ 権利者への送金の際、上記分配額から管理手数料、所得税等を控除します。

(参考資料)
2020年3月・2019年度通期分配実績表


ページの終わりですページの先頭へ戻る