ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2018年12月26日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

【入場無料・1/23(水)】 JASRACシンポジウム開催のお知らせ

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、音楽文化の振興を目的としたシンポジウム「音楽コンテンツの海外展開と著作権 ―アジア・太平洋地域を中心に―」を開催いたします。 コンテンツ産業に携わる方や興味をお持ちの方、クリエイターの方にとって有益な内容になるよう企画しましたので、ぜひご来場ください。

  

【内 容】
コンテンツの海外展開は、音楽業界全体の課題として、それぞれ取り組みが進められています。
日本のアニメが海外での人気を獲得してきたほか、音楽においてもライブや配信を中心として海外展開が進んでいます。
このように、著作権法上の「実演」や「原盤」において海外展開は進んでいますが、継続的な収益化を実現する上で、確実に「著作物使用料」が著作権者に還元されることが重要です。
このシンポジウムでは、音楽関係者から関心の強いアジア・太平洋地域を中心として、音楽コンテンツの海外展開の現状を俯瞰したうえで、欧州における取り組みなども交えながら、著作権管理の実情と課題を整理し、日本の音楽コンテンツのこれからを展望します。

【構 成】

第1部 基調講演(14051435
渡辺 聡(CISACアジア太平洋委員会 委員長)

第2部 パネルディスカッション(145016:30)
音楽コンテンツの海外展開と著作権

モデレーター
谷口 元(株式会社東京谷口総研 代表取締役社長)

パネリスト
田島 敏(株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション 代表取締役)
Onta 川口思郎(株式会社クリエイティブマンプロダクション 企画事業部)
齊藤 耕太郎(作曲家・音楽プロデューサー)
松葉 亮子(BMAT カントリーディレクター)
浅石 道夫(一般社団法人日本音楽著作権協会 理事長)

※敬称略

【申 込】
https://jasracsymposium18.peatix.com/
※アカウント登録が必要です。

【募集期間】
2019年1月18日(金)まで
※募集人数に達した時点で締め切りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。




ページの終わりですページの先頭へ戻る