JASRAC社団法人日本音楽著作権協会
2008.10.27
社団法人 日本音楽著作権協会
(JASRAC)


音楽ファイルの無断配信者に懲役1年6月(執行猶予3年)の有罪判決

 インターネット上のホームページに、JASRACに無断で約2万曲の音楽ファイルを掲載し、不特定多数にダウンロードさせていた奈良市(元米国ワシントン州ベルビュー在住)の男性(47歳)に対し、札幌地方裁判所は本日、著作権侵害の罪で懲役1年6月(執行猶予3年)の判決を言い渡しました。

 この男性は、2006年1月、奈良市の自宅に設置したパソコンを利用してホームページを開設、JASRACが著作権を管理するおよそ2万曲の楽曲を不特定多数の者に無断でダウンロードさせていました。ダウンロードされた回数は、ホームページを閉鎖した今年4月下旬までに延べ約115万回に及んでいました。

 このため、JASRACはこの男性を著作権法違反で北海道札幌方面中央警察署に告訴、同署は8月21日、この男性を逮捕し、札幌地方検察庁が9月10日、札幌地方裁判所に起訴(公判請求)していたものです。

 JASRACは、今後も引き続き警察や他の権利者団体と連携し、インターネット上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んでまいります。


以上


×閉じる
copyright