JASRAC社団法人日本音楽著作権協会
2008.9.30
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)


岩手県警と盛岡東警察署が海賊版CD販売者を逮捕

 岩手県警生活環境課と岩手県盛岡東警察署は、9月24日、JASRACが著作権を管理している楽曲が収録されたCDを無断でCD-Rに複製し、インターネットオークションのサイトを利用して販売していた横浜市在住の男性(42歳)を著作権法違反(複製権の侵害)の疑いで逮捕したことを発表しました。

 今回の事件は、盛岡東警察署が、インターネットオークションを利用してCDを購入した盛岡市の20代の男性から、海賊版ではないかと相談を受けたことが発端となっており、同署から照会を受けたJASRACが鑑定したところ、CDに収録されているすべての楽曲がJASRACの管理楽曲であり、かつ、複製の許諾を得ていない海賊版であることが判明し、9月上旬、JASRACが同署に対して告訴状を提出していたものです。

 本件のような海賊版の販売は、音楽文化を衰退させることにつながるため、JASRACは、今後も引き続き警察や他団体と連携し、海賊版の撲滅に積極的に取り組んでまいります。

以上


×閉じる
copyright