ファイル交換サービスの著作権侵害を認めた仮処分決定について
社団法人 日本音楽著作権協会
JASRAC
理事長 吉田 茂
今回の司法判断は、わが国の著作権法制度に照らして当然の結果であると受けとめています。なかでも、このサービスの利用者とともにその運営者が著作権を侵害しているとの判断は、裁判所の見識の高さを示すものです。また、このようなスピーディな司法の判断は、最近のネットワーク環境を配慮し、時宜に適したものと言えます。
この裁判については海外の著作権管理団体も注視しており、本日の仮処分決定は国際的にも影響が大きく、当協会はCISAC(著作権協会国際連合)を通じてその内容を全世界の著作権管理団体へ報告します。

仮処分決定の主旨はリリースの通り、当協会の主張を全面的に認めたものですが、特にMMO社のサービスが利用者の違法行為を前提とし、その行為の責任は同社にあるとしている点は、同サービスでファイル交換されている他のさまざまなコンテンツの著作権者にとっても大きな指針となると考えます。また、この決定はネットワーク上ではんらんしている他の違法行為に対しても警鐘となり、著作権侵害の重大性の認識を深める契機になると考えます。

「著作権がIT発展の障害となっている」あるいは、「技術革新と権利は相反する」などという誤った考えも一部に流布していますが、技術革新も結局は人間の幸せに奉仕すべきものであり、同じく人間が創造する文化の発展と相反するものであってはならないと考えます。文化の基盤である著作権の保護という大原則が貫かれなければ、新たな創造もコンテンツの提供も危うくなり、つまるところ新しい技術によるコンテンツの流通ビジネスも成り立たないということにほかなりません。本日の司法判断はそのことを明確に示したものと言えます。

当協会は、この決定を軸としてIT時代の著作権保護の重要性を訴え、違法な複製やネットワーク上の違法配信などと積極的に戦い、著作者が安心して創作活動に打ち込める環境を整えるために一層努力してまいります。それが、結局は音楽を愛する多くの方々のためになり、またより広く音楽文化を享受できる社会の形成につながると確信しております。

戻る