ここから本文になります。

新人の声

2018年入社の職員の声を紹介します。

入社の決め手
  • 就職活動中に会った職員の方々のひとの良さです。
  • 大学の授業でJASRACについて学んだのが応募のきっかけでした。その後会社説明会などでJASRACの様々な業務を知り、日本が誇るコンテンツ産業の発展に貢献することができると考えて入社を決めました。
  • 充実した福利厚生・職場環境に自分らしく働けそうと感じたためです。また、面接や説明会、OG訪問を通して穏やかながら熱意のある職員の方々の雰囲気にここで一緒に働きたいと思いました。
  • 大学のゼミナールでJASRACの話を聞いて、作る人や使う人など様々な人に対して仕事が出来ると感じたのが決め手です。
  • 「人を大切にする」会社だと感じたのが入社の決め手です。面接やOG訪問で出会った先輩職員が皆、話を引き出すことがとても上手で、自分でも驚くほど会話が弾んだのをよく覚えています。親身になってお話を聞いていただき、こんな先輩と働きたいと強く思いました。選考の過程で、毎度前回の面接のフィードバックが行われていたことも、学生一人一人を大切にしていることを実感した点です。
  • 社風に惹かれました。面接では十分に伝えられなかったことを再度伝える機会を設けてくれたことで、JASRACは人と人の対話を大切にする会社であり、入社後も安心して働けるだろうと感じました。
  • 音楽業界のみならずエンターテイメント業界全般を支える仕事がしたいと思ったからです。音楽とは演劇や映画などあらゆるエンターテイメントにとって不可欠なものです。JASRACは、そんな音楽が生まれてから適法に利用されるまでのレールを整備できる唯一の企業だと思い、入社に至りました。
  • 学生時代に合唱団に所属し、作家の方々が新たな作品を創造するのにどれだけ魂を注がれているかを知り、そんな方々を支えられるような仕事をしたいと思うようになりました。JASRACでは、作家と音楽を使う人の架け橋になることができ、作家の創造のサイクルを支え、ひいては日本の音楽文化発展のために仕事ができると思い、入社を決意しました。
  • 理系卒ということもあり、学生時代に学んだことが活かしづらい環境となる不安がありましたが、その不安を払拭するほど選考過程において人を大切にしている会社と感じ、ここで働きたいと思ったからです。
  • メディアやエンターテイメント業界に興味のある私にとって、JASRACは裏方的な仕事ではありますが、業界に関われることが入社の決め手となりました。また、制度が充実しており、将来環境が変わったとしても長く働くことができそうだと思いました。
  • 音楽が好きなので、音楽に関わる仕事がしたいと思っていました。JASRACは音楽を作る人・使う人の双方とやりとりをしながら音楽文化の発展に貢献できる会社なので、入社の決め手となりました。
  • 自分が行きたいと思った企業の中でJASRACが趣味の音楽に一番近い立ち位置だったことと、専門的な知識が無くても一から教えていただけると断言していただいたことが入社の決め手です。選考過程がとても丁寧だったことも、安心して入社を決められたポイントです。
  • 音楽、著作権どちらにも興味があり、知識を深めながら仕事ができると思ったためです。
就職活動中の学生の皆さんへひと言
  • 就職活動をしているとつらいこともあるかと思います。JASRACは真摯にフラットに向き合ってくれるので、諦めずに自分の思いを言葉にして頑張ってください。
  • 就職活動は、大手や名の知れた企業でなくとも「自分に合う」企業を見つけることが何よりも大切だと考えます。無理に自分を良く見せようとせず、肩の力を抜いて臨んでいれば自分に合った企業がきっと見つかるのではないかと思います。
  • 頑張りすぎずに、辛いときは気を抜く時間をしっかり作って休んでください!余裕がないときの面接は大抵うまくいきません。
  • とにかくいろんな業界、場所に興味を持って行動することが大切です。その先に新たな出会いが、、、?
  • 良い知らせが続くこともあれば、良くない知らせがやってくる時期もあるかと思います。ですが、うまくいかずに悩んだり考えたりした時間は必ず糧になるはずです。自分と向き合って、精一杯力を出せるように就職活動に臨んでください。体調にはくれぐれも気を付けて。
  • あきらめなければあなたの良さを分かってくれる会社に出会えるはずです。辛い時は思いっきりリフレッシュすることも大切ですよ!
  • 私は今までこんなことを頑張ってきました、と胸を張って答えられる人でいてください。そうすれば皆さんの人柄や能力は面接官に伝わるはずです。
  • たくさんの会社の選考を受けて、結果に落ち込むこともあるかとは思いますが、諦めずに続けていれば必ず実るものです。就職活動中は、色々な会社・人との出会いをチャンスと思って、何でもポジティブに受け入れて、楽しむくらいの気持ちがあっていいと思います。頑張ってください!
  • 受からなかった企業は縁がなかった企業。一喜一憂せず頑張りましょう。共に働けることを楽しみにしています。
  • 就職活動はつらくて早く終わってしまいたいという気持ちが出てしまいますが、自分の将来を決める大事な期間です。ミーハーな私は憧れの会社や好きな商品を出している会社を受けて、会社の中に入れていただいたり、社員の方の話を聞いたりすることを楽しんでいました。皆さんも是非、就活を自分なりの方法で楽しんで乗り切ってください。
  • 気になった会社には積極的に足を運ぶと良いと思います。思い通りに行かないことが多くても、焦らずに自分のペースで頑張ってください。
  • 身の回りの「なぜ」を大事にしてください。疑問や答えを繋げていけばあなた自身の想いが見つかるはず。緊張していても必ず想いは伝わります。就職活動はいろいろな企業の中で自分の話をできる数少ない機会ですから、存分に楽しんでください!
  • 周りに流されず、自分自身に合った職場を見つけ、入社できるよう応援しております。ぜひ一緒に働きましょう。