ページ内移動用のメニューです。


2022年JASRAC賞 「紅蓮華」が2年連続で金賞を受賞

2022年JASRAC賞 「紅蓮華」が2年連続で金賞を受賞

5月18日、2022年JASRAC賞を発表しました。

JASRAC賞は、音楽配信、カラオケ、CMなど、前年度に JASRAC からの著作物使用料の分配額が多かった作品の作詞者・作曲者・音楽出版社の功績と栄誉を称え表彰するもので、1982年の創設から今年で40回目を迎えました。

国内作品の上位3作品を金・銀・銅賞、海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品を国際賞、分配額が最も多かった外国作品を外国作品賞として表彰しています。

贈呈式での記念撮影

受賞作品は次のとおりです。

金・銀・銅賞

使用料分配額が多かった国内作品の上位3作品

金賞
作品名 紅蓮華
作詞者 LiSA
作曲者 草野 華余子
音楽出版社 株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング
銀賞
作品名
作詞者 梶浦 由記
LiSA
作曲者 梶浦 由記
音楽出版社 株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング
銅賞
作品名 ドライフラワー
作詞者 優里
作曲者 優里
音楽出版社 株式会社 レヴィプラス

国際賞

海外からの入金による分配額が最も多かった国内作品

国際賞
作品名 NARUTO−ナルト−疾風伝BGM
作曲者 高梨 康治
音楽出版社 株式会社 テレビ東京ミュージック

外国作品賞

使用料分配額の最も多かった外国作品

外国作品賞
作品名 Dynamite
作詞者 JESSICA AGOMBAR
DAVID STEWART
作曲者 JESSICA AGOMBAR
DAVID STEWART
音楽出版社 O.P.:STELLAR SONGS LIMITED
S.P.:株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング

O.P.=オリジナルパブリッシャー、S.P.=サブパブリッシャー

金賞 紅蓮華

金賞を受賞したLiSAさん
金賞を受賞した草野 華余子さん

草野 華余子さんが作曲し、LiSAさんが作詞・歌唱した『紅蓮華』が昨年に続き金賞を受賞です。『紅蓮華』は、テレビアニメ「鬼滅の刃」の主題歌として書き下ろされ、現在まで続く動画配信においてアニメシリーズがロングヒットしています。さらに、音楽配信サービスでも人気を博していることなどから、インタラクティブ配信の分配額が昨年に続き2位となりました。CMでもアレンジバージョンが利用され話題となったほか、カラオケ、放送など幅広く支持された結果、史上4回目の同一作品2年連続金賞に輝きました。

LiSAさん(作詞者)の受賞コメント

去年に続き、長くたくさんの方に愛していただき、とても光栄です。
水面から太陽に向かって咲く蓮の花のように、懸命に生きる私たちの未来が、明るく照らされてゆきますように。

草野 華余子さん(作曲者)の受賞コメント

2年連続で、ありがたい賞を受賞させていただきました。幼少期からアニメと音楽にしか興味がなく、5歳から作曲を始め、変わらず今も音楽好きでここまできて、これからも好きっていう気持ちだけで曲を書いていこう、そのように思えているという事実自体がうれしいです。曲がヒットするかしないかということは奇跡みたいなもので、今この場所に立てていることも奇跡。好きっていう気持ちだけでこれからも楽曲の制作に邁進していきたい。すべての『紅蓮華』に関わってくださった皆さんに、心から感謝しています。ありがとうございました。

株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング(音楽出版社)の受賞コメント

映像作品のタイアップ楽曲が数多く存在する中で2年連続金賞受賞という快挙を成し遂げられたのは、「鬼滅の刃」という素晴らしい作品の力とともに、楽曲自体にも大きな力があったからだと思います。このかっこいい楽曲を作られたLiSAさん、草野さんに敬意を表し、一音楽ファンとしてお礼を申し上げます。この楽曲を管理、利用開発できることを誇りに思っています。関係者の方、楽曲を愛してくれた皆さんに感謝いたします。

株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング
代表取締役 見上 チャールズ 一裕

銀賞 炎

銀賞を受賞した梶浦 由記さん
銀賞を受賞したLiSAさん

梶浦 由記さんが作詞・作曲、LiSAさんが作詞・歌唱した、『炎』が銀賞を受賞です。『炎』は、2020年10月に公開され、日本歴代興行収入第1位を達成した劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌に起用されました。映画公開と同時にリリースされ、Billboard JAPAN2021年度上半期ダウンロード売上1位を獲得するなど、各チャートを席巻。2020年の「第62回日本レコード大賞」に輝きました。インタラクティブ配信の分配額で1位、演奏・カラオケで4位となり、銀賞を受賞しました。

梶浦 由記さん(作詞・作曲者)の受賞コメント

この度は、JASRAC賞銀賞という素晴らしい賞を賜りましたこと、大変光栄に思っております。「鬼滅の刃」という作品の登場人物たちに思いをはせながら作った曲が、多くの皆さまに届いたかと思うと感謝の念に堪えません。「鬼滅の刃」という素晴らしい作品、そして何よりLiSAさんという素晴らしい歌い手さんとのご縁を頂けたこと、大変うれしく思っております。どうもありがとうございました。

LiSAさん(作詞者)の受賞コメント

梶浦さんと共に楽曲に託した想いが、様々な形でたくさんの方に受け取っていただき、とても光栄です。
前を向いて歩いてゆく全ての方の心に「炎」を灯し続けられますように。

株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング(音楽出版社)の受賞コメント

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌として世界中の人々の耳に届き、愛された結果、この度の、銀賞受賞に繋がりました。スケールの大きいこの楽曲を映画館で、大音量で聴いた時は、物語の内容と重なり、感動しました。スクリーンを離れても人々の心に残る、名曲だと思います。「炎を灯して 遠い未来まで」と歌詞にありますように、梶浦さん、LiSAさんが生んでくれた、この楽曲が遠い未来まで、歌い継がれるよう、お手伝いをさせて頂きます。「炎」の大ヒットに携わって下さいました関係者の皆様、 楽曲を愛して下さった皆様に感謝いたします。

株式会社ソニー・ミュージックパブリッシング
代表取締役 見上 チャールズ 一裕

銅賞 ドライフラワー

優里さんが作詞・作曲した『ドライフラワー』が銅賞を受賞です。『ドライフラワー』は、2020年10月25日に配信限定でリリースされると、SNSやYouTubeで支持を広げ、演奏・カラオケの分配額が1位、インタラクティブ配信の分配額が3位となりました。Billboard JAPANの2021年年間チャートでもカラオケ、ストリーミング、ダウンロード分野で1位となり、総合ランキングでも首位を獲得。ストリーミング再生回数がソロアーティストとして初となる6億回を突破するなど広く親しまれ、銅賞受賞となりました。

※ストリーミング再生回数は、Billboard JAPANの公表情報に基づく

株式会社 レヴィプラス(音楽出版社)の受賞コメント

JASRAC賞銅賞受賞、誠にありがとうございます。ソロ史上初Billboard JAPANチャートのストリーミング累計再生回数6億を超え、広く多くの方に愛されました。十年先、二十年先と枯れないで愛されることを願っています。聴いてくださった方、関係者の皆さんに感謝します。

株式会社 レヴィプラス
澤藤 友哉

国際賞 NARUTO−ナルト−疾風伝 BGM

国際賞を受賞した高梨 康治さん

高梨 康治さんが作曲した、テレビ東京のテレビアニメ「NARUTO−ナルト−疾風伝」のBGMが、3年連続で国際賞を受賞です。『NARUTO−ナルト−疾風伝 BGM』が国際賞を受賞するのは過去10年間で5回目となります。アメリカ、フランス、ドイツからの分配が全体の93%を占めるほか、カナダ、マレーシア、ブラジルなど合計25の国・地域の団体から分配があるなど世界各国で利用され、国際賞の受賞となりました。

高梨 康治さん(作曲者)の受賞コメント

「NARUTO」の放送が始まって今年でちょうど20年という節目に、こんな素敵な賞をいただけて、皆さまにとても感謝しております。ありがとうございます。 今、世の中の情勢が不安定な中で、国際賞というのは世界中の方が楽しんでくださった証だと思います。この「NARUTO」という作品を通じて世界中の方が楽しんでくれたんだなと思うと、とても意義のある賞だと、ちょっと誇りに思ったりしています。僕たちはエンターテインメントに携わっているので、これからもたくさんの方に楽しんでいただけるように、がんばっていきたいと思っています。

株式会社 テレビ東京ミュージック(音楽出版社)の受賞コメント

高梨康治さん、関係者の皆様40回という節目の受賞誠におめでとうございます。『NARUTO−ナルト−疾風伝BGM』の国際賞受賞は3年連続、通算5度目の受賞という快挙です。これは高梨さんが創り出した素晴らしい音楽が世界中に広がり愛されていることの証であり、音楽出版社としても大変誇らしく喜びに堪えません。テレビ東京グループはこれからもアニメをはじめとするクールで魅力的なジャパンコンテンツを世界に発信して参ります。この度は誠にありがとうございました。

株式会社 テレビ東京ミュージック
代表取締役社長 大島信彦

外国作品賞 Dynamite

JESSICA AGOMBARさんとDAVID STEWARTさんが作詞・作曲し、韓国のグループBTSが歌唱した『Dynamite』が外国作品賞を受賞です。同作品は、BTS初の全編英語詞として2020年8月20日にリリースされ、全米Billboardで初登場1位を獲得。2021年のグラミー賞にノミネートされるなど世界的なヒットを記録しました。ストリーミング再生回数が6億回を超えるなど配信分野を中心に日本でも人気を博し、外国作品賞受賞となりました。

※ストリーミング再生回数は、Billboard JAPANの公表情報に基づく

株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング(音楽出版社)の受賞コメント

IFPI(国際レコード・ビデオ製作者連盟)グローバル・レコーディング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー2年連続ナンバー1に輝いた彼らの勢いがそのまま作品に吹き込まれて、ここまでの大ヒットにつながりました。キャッチーなメロディー、ファンキーなテイスト、誰が聴いても踊りたくなるような楽曲。作詞・作曲のお二人、関係者の皆さんに心より感謝いたします。

株式会社 ソニー・ミュージックパブリッシング
代表取締役 見上 チャールズ 一裕

JASRAC賞とは

1982年に創設されたJASRACの音楽賞です。毎年、前年度にJASRACが権利者へ分配した著作物使用料により決定します。使用料の分配額が最も多かった国内作品の上位3作品に金、銀、銅賞を、最も分配額の多かった外国作品に外国作品賞を、海外の著作権管理団体から最も入金の多かった国内作品に国際賞を贈っています。国内作品と外国作品の区別は、その作品の権利を持っている関係権利者(作詞者、作曲者、音楽出版社など)の所属団体を基準としています。

このページの上部へ