ページ内移動用のメニューです。


マスタリングは「最後の砦」。

田中三一さん / マスタリング・エンジニア

(2022年4月公開)

すそ野が広がった録音技術

自作の3機材。
ハーモニック・ディストーション(左上)、
イコライザー(右上)、コンプレッサー(下)

 パソコン上で音楽を作るDTM(Desk Top Music)という言葉は、今ではプロや一部のマニアが占有する言葉ではなくなりました。DTMを楽しむ学生からも相談を受け、彼らのイメージをもとに「こうしたらもっと音が前面に出るよ」「こうすると音がもっと広がるよ」とアドバイスを重ねています。先日も名古屋で学生たちにマスタリング技術について講義をしました。民生用の機材でも商品価値のある作品に肉薄できるんです。

 プロは機材などにこだわりがちです。「市販されている安っぽい音源じゃだめ」「ボーカル収録にはこのマイクで」と。もちろん私にもこだわりがあります。理想の音を実現するために、音響特性の研究家の力を借り、「ハーモニック・ディストーション」と名付けているオリジナルの機材を自ら考案・製作したり、コンプレッサー、イコライザーと呼ばれる機材を独自に改良したりしています。

 でも音楽を作る人の楽しみ方、考え方に沿った良策があるんです。音を仕上げる際のドラムをDTMでこしらえる場合、アマチュアは手が3本ないと叩けないような音源を作ってくるんですが、それを彼らの個性と捉えて型にはめないアプローチが必要だと考えています。録音技術についても、すそ野の広がりを踏まえて、彼らが仕上げる作品や音は時代を捉えていると解釈して手助けしていきたいと思っています。

アーティストと同じ目線で

 もともと及第点を集めた「いい音」が「売れる音」とは限らない。私がスタジオ入りした1969年頃は、レコーディング・エンジニアが音量レベルのメーターを見て、「このレッドゾーンに入ってはいけない」と指導していました。でも当時から私は「数値では測れないのでは」「心地よいひずみもある」と。

 CBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)を定年退職した後も、マスタリングの仕事を請われて計50年以上、スタジオでの仕事に携わっていますが、手掛けるアーティストのライブには、知名度に関わらず足を運んでいます。音だけを切り出して判断するのではなく、その音楽を生み出したアーティストと同じ目線に立ちたいからです。ノリやグルーヴを含めて。これまでプロデューサーやアーティストからは「有線放送や街中で耳にした時にそのアーティストと分かるような音作りにしてほしい」など、さまざまなリクエストを受けてきました。それらのリクエストに相手の目線で応えていると、商品価値の高い音のイメージ、例えば「かっこいい音」に聴こえる音のイメージが身に付いてきました。

「最後の砦」と思って

 時には社内で衝突もしました。「極上の音響」として、プロや音楽ファンの間でよく話題になるバイロイト祝祭劇場での音楽祭に1989年、渡独する機会が訪れたんです。ただ当時のソニーの就業規則では5日以上休暇がとれない。上司から「査定にも影響しかねない」とはっきり言われ、「給料を下げてもらって構わない」と闘いました(笑)。老朽化した信濃町スタジオから新設の乃木坂スタジオに移るときは、スタジオの設計方針に異を唱え「進言が叶わないなら辞める」と(笑)。その後、同僚が集めてくれたアーティストの嘆願書に役員が動いて、私が使うスタジオだけ他と異なる仕様になりましたが、それもこれもアーティストのリクエストに応えたいためでした。

 マスタリングは音楽をリスナーに届ける最終工程です。いわば「最後の砦」なんです。私の手を離れたら海の向こうに行ってしまう。アーティストにとっては生涯、世の中に残る。私自身、「アーティスト、ディレクター、エンジニアからOKが出たら終わり」にはできません。どこで誰が聴いているか分からない。アーティスト本人が誇れるものに、自分自身が長年培った方法で力添えできればと思っています。

ジョニ・ミッチェルの思い出

 今思い浮かぶ思い出としては、そうですね、これまで内外の数々のスタジオを見てきましたが、1970年代半ばに2回渡米して、A&Mレコードのスタジオを見学する機会がありました。カーペンターズのレコードなど、数々の名盤が生まれたそのスタジオで、プロデューサー、またエンジニアとしても名高いヘンリー・レヴィ―(ルイ)のアシスタントに案内され、ジョニ・ミッチェルのレコーディングに立ち会うことができました。ちょうどアルバム『逃避行』をレコーディングしていた時です。

 アルバムのオープニングを飾る『コヨーテ』は、ギター伴奏の音の広がりが印象的な曲ですが、その秘密は彼女自身の演奏によるオーバーダビングなんです。その曲の音の処理の詳細を丁寧に教わることができたほか、ジョニとヘンリー、そしてアシスタント・エンジニアの素晴らしい連携を目の当たりにし、あの体験がなければ今の自分はなかったとさえ思えます。その勢いで次の日もお邪魔して(笑)。もちろん彼女とも話しましたよ。ヘンリーと打ち合わせる時も物静かで、もくもくとひた向きに仕事する姿が印象的でした。初日のレコーディングは朝5時まで続き、彼女は真っ赤なMGに乗り込んで帰っていきましたよ。ため息が出るほどかっこいい女性でした(笑)。

Profile
1942年、兵庫県淡路島生まれ。1969年CBS/SONY(現ソニー・ミュージックエンタテインメント/SMEJ)入社。初めてレコーディングを務めた本田路津子「秋でもないのに」のヒット以降、フォーリーブス、吉田拓郎、山口百恵、渡辺真知子等を手がけ、1982年のCD発売を機にマスタリング・エンジニアに。佐野元春、REBECCA、UNICORN、DREAMS COME TRUE、X JAPAN、電気グルーヴ、スピッツ、JUDY AND MARY、ゴスペラーズ、藤あや子、古典四重奏団など、ポップス、クラブミュージック、演歌、クラシック、沖縄民謡など幅広い分野を手がける。2018年、第25回日本プロ音楽録音賞優秀賞を受賞。SMEJを定年退職後、バーニー・グランドマン・マスタリング、studio ATLIOを経て、現在はstudio Chatriを運営。

このページの上部へ