JASRACとの信託契約を
ご検討中の作詞者・作曲者の皆さまへ

JASRACのメンバーになれば・・・

著作権は、作品の創作と同時に発生する権利です。登録などの手続きは一切必要ありません。
音楽をつくる作詞者、作曲者の皆さまは、どなたでもご自身の作品の著作権を持っています。
「・・・とはいえ、その管理はどうしたらいいの?」
このコーナーでは、JASRACに著作権を預け、JASRACのメンバー(信託者)になるメリットをご紹介します。

大切な作品の著作権を
確実に管理します

デジタル・ネットワーク技術の急速な発展により、誰もが作品を発表し、簡単に流通させることができる時代になりました。ひとたび世に出た作品はいつ、どこで、誰に使われるかわかりません。著作権はご自身で管理することもできますが、利用者からの問い合わせに個別に対応するのは時間と労力を要し、創作活動に影響を及ぼす可能性があります。そこで重要になるのが、皆さまの大切な著作権をお預かりし管理する著作権管理事業者の存在です。

JASRACは、CDやDVD、放送や音楽配信だけでなく、コンサートやカラオケなどさまざまな分野で利用される音楽の著作権の管理を行うため、本部(東京)のほか、全国各地に支部を配置し、きめ細やかな管理を行っています。

JASRACのメンバーになれば、これまでにつくられた作品から今後つくられる作品まで、すべての作品の著作権をJASRACがお預かりし、皆さまに代わって管理しますので、安心して創作活動に専念することができます。

「著作権を預ける」ってどんな契約なの?
JASRACとの間で「著作権信託契約」を結んでいただきます。
信託契約においては管理事業者=著作権者となるため、違法な利用などにより著作権が侵害された場合には、JASRACが著作権者の立場になって、メンバーの皆さまの権利を確実にまもることができます。

JASRACとの信託契約について

特定の分野だけJASRACに預けることはできるの?
はい。例えば「録音に関する権利は自分で管理したい」「音楽配信は他の事業者に管理してもらいたい」という場合に、一部の権利や利用形態についてだけJASRACに管理を任せることができます。

お預けいただく範囲の選択について

演奏権使用料を
直接お届けします

JASRACからお届けする著作物使用料はおもに「録音権使用料」と「演奏権使用料」に分かれます。
「録音権使用料」はCDやDVDなどが制作されることによって、「演奏権使用料」はコンサート、カラオケ、放送、音楽配信などで作品が利用されることによって発生する使用料です。
音楽出版者と著作権契約を交わしている作品については、JASRACから音楽出版者に100%送金して、音楽出版者がその使用料から作詞者・作曲者の取り分を再分配することがほとんどですが、

JASRACのメンバーになれば、「演奏権使用料」についてはJASRACから直接受け取ることができます。

音楽出版者と契約している
作品もサポートします

作品届通知システム
音楽出版者から提出された作品届の契約内容をJASRACメンバーに通知し、確認していただく仕組みです。年に4回(4月、7月、10月、1月)リストを送付しています。
分配金額照会
音楽出版者と契約している作品の「演奏権使用料」以外の著作物使用料については、JASRACから音楽出版者に100%送金し、音楽出版者がその使用料から作詞者・作曲者の取り分を再分配するケースがほとんどです。
JASRACのメンバーは、「JASRACが音楽出版者に分配した金額」をJASRACに照会することができます。

作品や分配の情報をオンラインで
確認できます

JASRACのメンバーになれば、皆さまの作品の管理状況や分配に関する情報などをオンラインで確認できます。

作品届オンライン受付システム
おつくりになった作品の情報をお知らせいただく「作品届」をインターネット経由で提出できるオンライン受付システムを完備しています。利用登録のうえ、専用サイトから送信いただくと、送信した作品届の内容や処理状況を確認することができます。

作品届オンライン受付システムとJ-WID Master(会員・信託者専用)について

作品データベース「J-WID Master」
「作品届オンライン受付システム」にご登録いただいくと、会員・信託者専用の作品データベース「J-WID Master」もご利用いただくことができます。ご自身の作品を、CDやDVDなどの製品情報から検索でき、音楽出版者との契約期間や分配率を確認することができます。

作品届オンライン受付システムとJ-WID Master(会員・信託者専用)について

利用明細データ提供システム
JASRACから著作物使用料をお届けする際には、分野別に作品ごとの内訳を掲載した「分配明細書」をお送りしています。これに加え、放送やインタラクティブ配信の分配に関しては、作品がどのような番組、サービスで利用されたかを「利用明細データ提供システム」でご確認いただけます。

利用明細データ提供システムについて

国際的なネットワークで
グローバルに作品を管理します

JASRACは海外の著作権管理団体と、お互いの団体が管理する作品を管理しあう契約(相互管理契約)を結んでグローバルな著作権管理体制を構築しています。

JASRACのメンバーになれば、作品が海外で使用された場合にも、その国の団体がJASRACに代わって管理し、著作物使用料はJASRACを通じて皆さまに送金されます。

著作権に関するさまざまな疑問を
気軽に相談できます

JASRACは音楽の著作権をまもる団体として70年を超える実績があります。創作活動の中で発生する著作権や著作物使用料に関する疑問など、困ったことがあればJASRACにお気軽にご相談ください。きっと皆さまの強い味方になれるはずです。

JASRACのメンバーになるには?

皆さまが創作したいずれかの作品が、原則として過去1年以内に、日本国内で第三者によって利用されていること、または利用されることが確定していれば、お申し込みいただけます。

例えば・・・

  • ・全国に流通しているCD・DVDに作品が収録されている
  • ・テレビ・ラジオで作品がオンエアされた
  • ・通信カラオケで作品が配信されている
  • ・音楽配信サイトで作品が利用されている など
   

詳しくは著作権信託契約を結ぶにはをご覧ください。

JASRACメンバーになるには、どのくらい費用がかかるの?
必要な費用は著作者(個人)の場合「信託契約申込金」27,000円(税込)です。これまでにつくられた作品から今後つくられる作品まで、すべての作品を対象とした契約なので、作品ごとの「登録料」は必要ありません。また、作品が継続して利用されていれば契約は自動更新となり、更新料などの追加の費用はかかりません。

資料請求(作詞者・作曲者)

お問い合わせ

著作権信託契約や入会の手続きに関するご質問については、下記までお問い合わせください。

JASRAC会務部

電話: 03-3481-2143
(受付時間 9:00~17:00 月~金/土日祝除く)

FAX: 03-3481-2153

JASRACメンバーインタビューコンテンツ

作家で聴く音楽

音人工房