イタリア

イタリア(1943年9月に連合国に降伏)は、1945年総督立法令(国内法)により内外著作物に対して一律に6年間の保護期間延長を行いました(現在は通常の保護期間に6年間の延長はされていません)。1947年2月に連合国との間で締結した平和条約では、イタリアと連合国が双方とも5年余の戦時加算義務を負うこととしていますが、この平和条約による加算は総督立法令による6年間の延長に包含するとされるため、イタリアでは国内法による戦時加算しか行われていません。