ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2016年3月22日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

山口県警がファイル共有ソフト「BitTorrent」を用いた
音楽ファイルの違法アップロード者を送致

山口県警察本部サイバー犯罪対策室及び山口警察署は、3月18日、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を用いてインターネット上に音楽ファイル等を公開していた山口県下関市在住の男性(22歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで山口地方検察庁へ送致しました(JASRACは本年2月8日に告訴)。

警察の調べによると、この男性はBitTorrentを使用して、最新のアニメ主題歌や関連楽曲等を中心に、大量の音楽データをダウンロードしており、JASRACの管理楽曲を含むこれらの音楽ファイルをインターネット上に公開していたことが判明しています。

BitTorrentには、BitComet、μTorrentなど、複数の互換ソフトが存在します。これらのソフトは、いわゆるリーチサイト(*)から、torrentファイル(ファイルの所在情報を記録したファイル)を入手することで自動的に起動し、違法なファイルのダウンロードと同時にアップロードが行われます。

JASRACは、2010年3月から「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」が策定したガイドラインに基づき、侵害者に違法にアップロードしたファイルを削除するよう求める活動を継続しています。CCIFでは、2014年4月から、BitTorrentユーザーについても、インターネット接続事業者を通じて上記の働きかけを行っています。

今後も引き続きインターネット上の違法配信に対し注意・警告を行うとともに、適法な音楽利用の促進のため広報活動等を通じて著作権の啓発に努めてまいります。

以 上

(*)リーチサイト
違法にアップロードされた著作権のある著作物を含むファイルの所在情報を集めたウェブサイトで、不正な収益を上げることを目的に運営されているものが多数存在している。
一般的なブラウザで閲覧が可能で、BitTorrentの場合はトラッカーサイトと呼ばれている。


ページの終わりですページの先頭へ戻る