ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2015年8月 5日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

インターネットオークションサイトで
無断複製物を販売した男性を逮捕

埼玉県警察本部は、8月4日、JASRACの管理著作物が収録された無断複製物をインターネットオークションで販売したとして、埼玉県入間市在住の男性(42歳)を著作権法違反(無断複製物頒布)の疑いで、逮捕しました。

この男性は、2013年7月頃から2015年3月にかけて、延べ1000枚以上の無断複製物(CD-R及びDVD-R)を販売していたため、JASRACでは、5月20日に告訴していました。
警察の調べによると、この男性は、インターネットオークションに偽名で出品者登録し、家族名義の口座やプリペイド式電話で取引していたほか、適法な録音物(中古CD1枚)の出品を装いながら、"おまけ"として未公表ライブなどを収録した無断複製物20点を添付して、販売していたことが判明しています。

JASRACは、このような海賊版の頒布行為の撲滅に向け、引き続きインターネットオークションサイトや音源交換サイトを運営するプロバイダへの違法品出品情報の削除要請や当該出品者への注意・警告の実施と、広報活動を通じた著作権の啓発に努めてまいります。

以 上


ページの終わりですページの先頭へ戻る