ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2013年6月 5日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

オークションサイトで無断複製物を販売して刑事処分を受けた男性が
著作権を侵害し2回目の逮捕

千葉県警察本部サイバー犯罪対策課および千葉県匝瑳(そうさ)警察署は、昨日、JASRACの告訴(6月3日)を受け、インターネットオークションを利用してJASRACの管理著作物が収録された無断複製物(DVD-R)を販売していた千葉県茂原市在住の男性(45歳)を、著作権法違反(無断複製物頒布)の疑いで逮捕したことを発表しました。

今回の容疑は、本年1月と2月に、JASRACの管理著作物を無断複製したDVD-Rをオークションサイトに出品し、販売していたことです。

この男性は、昨年8月にも今回と同じ方法により無断複製物を頒布し著作権を侵害した罪で刑事処分(罰金50万円)を受けています。
(既報2012年8月1日)

警察の調べによると、前回の刑事処分から約2か月後の昨年10月には、オークションサイトへ無断複製物の出品を再開し、本年2月までの間に複数のIDを使って延べ200枚以上の無断複製DVD-Rなどを販売していたこと、オークションサイトの利用に際し、Tor※(The Onion Router) を使って発信元が特定されないようにしていたことが確認されています。

JASRACとしましては、過去に著作権侵害行為で刑事処分を受けた者が、同じ手法で、かつ侵害行為が明るみにならないようにするために巧妙な手口に及んでいるというのは、極めて悪質な著作権侵害行為と言わざるを得ず、厳しい処置を求めるために、本件の告訴に踏み切りました。

インターネットオークションには著作権を侵害したCD、DVD等が出品されることがあります。違法CD、DVD等の蔓延は音楽文化を衰退させるため、JASRACはインターネットオークションなどにおける海賊版の頒布行為の撲滅に向け、引き続きオークションサイトを運営するプロバイダへの出品削除要請や出品者への注意・警告の実施と、広報活動を通じた著作権の啓発に努めてまいります。

以 上

※Tor : 米海軍の研究機関が開発したインターネット上で発信元を匿名化するソフト


ページの終わりですページの先頭へ戻る