ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2013年2月27日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

ファイル共有ソフト「Cabos」及び「Share」を用いた著作権侵害 
音楽ファイルの違法アップロード者1名を逮捕、4名を告訴

長崎県警察本部生活安全部生活環境課及び長崎県大浦警察署は、昨日(2月26日)行ったJASRACの告訴を受け、本日、ファイル共有ソフト「Cabos」を使用してインターネット上に音楽ファイルを公開していた福岡市南区在住の男性(33歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕したことを発表しました。

被疑者は、2012年12月20日、ファイル共有ソフト「Cabos」を使用して、JASRAC管理楽曲2曲を含む音楽ファイル等を違法にアップロードし、不特定多数のユーザーに対して送信できるようにしていたものです。

また、長崎県警察本部に対しては、「Cabos」を使用してJASRAC管理楽曲3曲を含む音楽ファイルを違法にアップロードし、不特定多数のユーザーに対して送信できるようにして、著作権(公衆送信権)を侵害していた長崎県在住の親子(母親(51歳)と息子(26歳))について、2月12日に告訴状を提出しています。

このほか、ファイル共有ソフト「Share」を使用してJASRAC管理楽曲5曲を含む音楽ファイルを違法にアップロードし、不特定多数のユーザーに対して送信できるようにしていた滋賀県長浜市在住の男性(31歳)を2月12日滋賀県長浜警察署に、「Cabos」を使用してJASRAC管理楽曲4曲を含む音楽ファイルを違法にアップロードし、不特定多数のユーザーに対して送信できるようにしていた熊本県熊本市在住の男性(48歳)を2月18日熊本県警察本部に、それぞれ著作権侵害(公衆送信権)により、告訴状を提出しています。

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害行為については、上記逮捕及び告訴とは別に、今月19日から21日までの間に、全国47都道府県の警察が124箇所を捜索し27人を逮捕した一斉取締りが行われました。(既報:2013年2月22日)。

ファイル共有ソフトを用いた違法な公衆送信は、著作権者に多大な損害を与えるばかりか、音楽文化を衰退させることに直結することから、JASRACは関係者と協力しながら侵害行為の撲滅に向け、広報活動等を通じて著作権の啓発に努めてまいります。


以 上


ページの終わりですページの先頭へ戻る