ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2011年10月27日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

ファイル共有ソフト「Cabos」及び「LimeWire」を用いた
著作権侵害、音楽ファイルの違法アップロード者を書類送致

京都府警本部サイバー犯罪対策課と京都府五条警察署は、本日(10月27日)、ファイル共有ソフト「Cabos」を使用してインターネット上に音楽ファイルを無断で公開していた府内在住の男性2名(55歳と44歳)及び女性1名(20歳)並びにファイル共有ソフト「LimeWire」を使用してインターネット上に音楽ファイルを無断で公開していた府内在住の男性1名(33歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)容疑により京都地方検察庁に送致したことを発表しました。

これらの事案は、JASRACが本年10月12日及び18日にそれぞれ告訴していたもので、被疑者らは、いずれも、JASRACの管理楽曲である音楽ファイルを自らダウンロードしたうえ、これらをJASRACに無断でインターネット上に公開し、不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにして著作権(複製権及び公衆送信権)を侵害した疑いが持たれています。

今回摘発の対象となった「Cabos」や「LimeWire」は、音楽ファイルの携帯音楽プレーヤー等への録り込みが容易であるため、著作権侵害行為が助長されることが懸念されています。このため、京都府警とJASRACが連名で「ファイル共有ソフトを使った違法ファイル(データ)共有に注意!」と題する書面を作成し、府内の中学・高校約300校の生徒に対して、違法なファイル共有を行わないよう呼びかけ、学校関係者や保護者に対しても、著作権者の権利を保護するとともに少年を加害者としないよう適切な指導対応を求めました。
JASRACとしても、このような取り組みを通じて違法なファイル共有が根絶していくことを強く期待しているところです。

JASRACは2003年から、ファイル共有ソフトを用いた著作権侵害行為の防止に向けた対策を継続してきました。また、昨年3月からは、「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」と連携し侵害者に違法ファイルの削除を求める啓発活動を行っています。

以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る