ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2011年9月16日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

違法に複製したカラオケ楽曲データを搭載した通信カラオケ機器を店舗等にリースした男性らを告訴

JASRACは、本日、JASRACの管理著作物を業務用通信カラオケ機器の内蔵ハードディスクに違法に複製し、佐賀県佐賀市の総合保健施設や福岡県久留米市のスナックにリースしていた佐賀市や久留米市など在住の男性6人を無断複製物頒布による著作権侵害の疑いで愛媛県西条警察署に告訴しました。

被疑者6人は、佐賀市に本店を置くカラオケリース会社の代表者(57歳)と同社久留米営業所長を含む男性従業員5人。今回の事件は、今年6月に愛媛県西条市在住の男性が、JASRACの管理著作物を違法に複製したカラオケ楽曲データを搭載し、オフライン時の不正利用防止用ロック機能も解除した通信カラオケ機器をネットオークションで販売していた事件(既報:2011年6月8日)の取り調べを進めた結果、6人が共謀してカラオケ楽曲データを無断複製した通信カラオケ機器を店舗等に会社ぐるみで不正にリースしていた事実が判明したものです。

本件告訴は、違法に複製したカラオケ楽曲データを搭載した通信カラオケ機器のリースによる著作権侵害に対する初の告訴となります。
なお、愛媛県警生活環境課(サイバー犯罪対策室)並びに愛媛県西条警察署は、今回の告訴に先立って9月7日に被疑者6人をすでに逮捕しています。

カラオケは、世代を超えて多くの人々に愛好されています。違法品を蔓延させることは、カラオケの音楽文化を衰退させることに直結することから、JASRACは今後も著作権侵害行為を撲滅するため、関係業界の方々との連携や広報活動を通じて著作権の啓発に努めてまいります。

以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る