ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2011年7月11日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

福岡県警と筑紫野署がレンタルストレージサービス上で動画を違法共有させるサイトを運営していた2者を
書類送致、ストレージサービス運営事業者にも警告

福岡県警生活経済課サイバー犯罪対策室及び筑紫野警察署は、本日(7月11日)、いわゆる動画投稿(共有)サイトを模倣したサイトを開設し、JASRACが著作権を管理する楽曲を含む動画等を無断で公開、ダウンロードできるようにしていた2者を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で福岡地方検察庁に書類送致したことを発表しました。

今回の事件では、被疑者らは、無料レンタルストレージサービス「BB QUEST」を利用して「ニコニコ動画館」等といった保管場所を開設・運営し、自らも、テレビの音楽番組や「ニコニコ動画」「YouTube」等で公開されていた大量の動画ファイル等を、携帯型ゲーム機でも視聴可能となるように変換し、不特定多数の者にダウンロードできるようにしていました。
動画を違法投稿させるサイトの運営者が摘発されたのは、今回が初めてのことです。
なお、本件は、いずれも個人が運営するサイトに対するものですが、法人が運営する動画投稿(共有)サイトに対してJASRACが提訴した民事訴訟においては、知的財産高等裁判所が、サイト運営事業者を著作物の利用主体と認め、送信差止め及び損害賠償の支払いを命じる判決を下しています。

また、福岡県警及び筑紫野署は、去る7月4日に、無料レンタルストレージサービス「BB QUEST」を運営する株式会社ネッツ・ジャパン(本社:愛知県名古屋市)の代表取締役らに対し、同サービス内における違法状態の改善措置等をとるよう著作権侵害に係る警告を行ったことも発表しました。
JASRACとしても、ストレージサービスの事業者が、積極的に著作権侵害の発生防止に尽力されることを強く期待しているところです。

本件のような違法音楽配信によって、著作権者は甚大な損害を被っており、また、適法な音楽配信ビジネスの発展の妨げにもなることから、JASRACは、今後も引き続き警察と連携し、ネットワーク上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んで参ります。

2010年1月から改正著作権法が施行され、著作権を侵害した配信だと知りながら、違法配信サイトやP2Pソフトのネットワークから、権利者に無断で音楽をダウンロードすることは、個人的に楽しむ目的であっても違法とされていますので、ご注意ください。
なお、改正著作権法については、政府インターネットテレビ「違法?合法?ダウンロードにご注意!~著作権法改正」をご参照ください。


以上

 


ページの終わりですページの先頭へ戻る