ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2011年5月31日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

著作権侵害を継続しているレジャー施設に対して仮処分執行を実施

本日(5月31日)、山口地方裁判所周南支部執行官が、JASRAC管理楽曲を長期間にわたり無断で利用して著作権侵害を継続しているレジャー施設「くだまつ健康パーク」(山口県下松市)に対して、同施設の音響装置、カラオケ装置、映像装置等を執行官保管とする仮処分執行を実施しました。

これまでにJASRAC管理楽曲を無断で利用している飲食店やカラオケボックスに対して裁判所執行官による仮処分執行が実施されたことはありますが、本件施設のような利用形態(※)の複合型レジャー施設に対する執行は、全国で初めてです。

※本件施設においては、①大ホールにおける大衆演劇や舞踊ショー、②カラオケ歌唱室におけるカラオケ伴奏による歌唱、③映画館における映画上映により、JASRAC管理楽曲が無断で利用されています。

【本件の経緯】

JASRACは、本件施設を経営するツルガハマランド株式会社(本社:山口県下松市、以下「同社」といいます。)に対して、利用許諾を得た上でJASRAC管理楽曲を利用するよう再三にわたり説明し、利用許諾契約の締結を求めましたが、同社は無断利用を継続しました。

そのため、2009年10月29日に、同社に対して無断利用期間の著作物使用料の清算及び今後の利用許諾契約の締結を求める民事調停を周南簡易裁判所に申し立てましたが、同社が無断利用期間の著作物使用料の清算に応じなかったため不成立となりました。

同社による著作権侵害の拡大を防ぐため、 JASRACは2010年12月7日に、山口地裁周南支部に対して、本件施設におけるJASRAC管理楽曲の演奏禁止及び本件施設の音響装置、カラオケ装置、映像装置等の執行官保管を求める仮処分を申し立て、同地裁は5月18日に、JASRACの申立内容を認める仮処分決定を下しました。

以 上

◇本件につきましては、ツルガハマランド株式会社との間で和解が成立しました。(6月3日追記)

 


ページの終わりですページの先頭へ戻る