ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2010年5月12日
一般社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

音楽ファイルを違法にライブストリーム配信している
インターネットラジオ番組運営者を著作権法違反の疑いで逮捕

群馬県警察本部生活安全部生活環境課および群馬県前橋警察署は、本日(5月12日)、インターネットラジオサービスを利用して、JASRAC管理楽曲の音楽ファイルを違法にライブストリーム配信していたラジオ番組運営者の男性(43歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕したことを発表しました。

今回の事件は、インターネットラジオサービス「livedoorねとらじ」を利用して開設されたラジオ番組「★★★★BGM★★★★ by kei」において、約2万曲もの音楽ファイルを違法にライブストリーム配信していたものです。
なお、インターネットラジオのようなストリーム配信型の違法音楽配信に関して、著作権法違反の疑いで逮捕者が出たのは今回が初めてのことです。

本件のような違法音楽配信は、音楽文化の発展の妨げになることから、JASRACとしては、今後も引き続き警察と連携し、ネットワーク上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んで参ります。


※ ライブストリーム配信: 生放送、生中継型のストリーム配信。本件のような音声(ラジオ)配信と映像配信があり、個人等がウェブカメラや携帯電話等を使用して配信することが可能。
  

本年1月から改正著作権法が施行され、上記のような違法配信サイトやP2Pソフトのネットワークから違法と知りながら音楽をダウンロードする行為については違法とされていますので、ご注意ください。
なお、改正著作権法については、政府インターネットテレビ「違法?合法?ダウンロードにご注意!~著作権法改正」をご参照ください。

以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る