ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2010年3月 2日
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

海外のストレージサイトにアップロードした音楽ファイルへのリンク設定により
違法な音楽配信を行っている男性を著作権法違反の疑いで逮捕

 北海道警察本部生活安全部生活経済課および北海道札幌方面中央警察署は、昨日(3月1日)、JASRAC管理楽曲の音楽ファイル(MP3)を海外のストレージサイトにアップロードし、自動リンク集サイトに、音楽ファイルへのリンクを設定することで不特定多数の者にダウンロードさせていた男性(46歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕したことを発表しました。

 今回の事件は、自動リンク集の無料レンタルサービス「ALINK」を利用して開設された「曲貼り精鋭達のたまり場」という名称のサイトにおいて、海外のストレージサイト「MediaFire」にアップロードした多数の音楽ファイルへのリンクを自ら設定し違法配信を行っていたものです。本件は、海外のストレージサイトに音楽ファイルをアップロードすることで、違法行為を免れようとするなど、著作権侵害の確信犯であり極めて悪質な行為であると言えます。

 なお、海外ストレージサイトにアップロードされたファイルへのリンク設定による違法音楽配信に関して、著作権法違反の疑いで逮捕者が出たのは今回が初めてのことです。

 本件のような違法音楽配信は、音楽文化の発展の障害になることから、JASRACとしては、今後も引き続き警察と連携し、ネットワーク上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んで参ります。

自動リンク集:サイト開設者や閲覧者が、自由に他サイトへのリンクを登録することができ、登録されたリンク先を一覧表示し、リンク先サイトへのアクセスを容易にする役割を果たすサイト。

本年1月から改正著作権法が施行され、上記のような違法配信サイトやP2Pソフトのネットワークから違法と知りながら音楽をダウンロードする行為については違法とされていますので、ご注意ください。
なお、改正著作権法については、政府インターネットテレビ「違法?合法?ダウンロードにご注意!~著作権法改正」をご参照ください。

以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る