ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2009年10月28日
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

公取委の事実認定に重大な誤りがあること

 当協会は、本日の第3回審判期日において、排除措置命令の事実認定に重大な誤りがあることを主張し、これを裏付ける証拠を提出しました。
 今回の排除措置命令は、放送事業者が使用料の追加負担を避けるため、新規参入した管理事業者の管理楽曲の利用を回避したという事実認定に基づき行われたものです。
 しかしながら、新規参入した管理事業者が放送の管理を開始した平成18年10月1日以降、実際には当該事業者の管理楽曲が繰り返し放送されていた事実があることから、当協会は、この事実を指摘し、その裏付けとなる証拠を提出しました。

排除措置命令にある楽曲は、平成18年10月1日以降放送されています。

 排除措置命令には、放送事業者が利用を回避した楽曲の具体例として大塚愛歌唱の「恋愛写真」が挙げられています。しかし、当協会が現時点で確認できる範囲の電子データによる利用曲目報告(参考2参照)によっても、「恋愛写真」が平成18年10月中に少なくとも515回、10月から12月までの3か月間では少なくとも729回、放送されていたことが確認されました(資 料[PDF:51KB]1)。

 「恋愛写真」のCDの発売日(平成18年10月25日発売)が属する平成18年10月第4週のオリコンチャートの上位を占めた他の新曲3曲※(すべて当協会の管理楽曲)について、当協会が放送事業者から電子データで報告を受けた利用回数をグラフ化し、資料1のグラフに重ね合わせると、これら楽曲の放送番組での利用状況は、概ね同月第1週から11月第4週までの約8週間において、CD発売日前後を頂点とする山を描くグラフとなります(資 料[PDF:51KB]2)。
 すなわち、資料1の「恋愛写真」の利用報告と他の楽曲の利用報告による各グラフの示す傾向との間に違いがないことを示しています。
 これらによれば、放送事業者が追加負担を避けたいという理由で当協会以外の管理事業者の管理楽曲を放送しなかったといえないことは明らかです。

 なお、新規参入事業者が平成18年10月から12月までの3か月間に管理の委託を受けた他の楽曲についても、当協会への利用曲目報告データを調査したところ、多数回にわたって当該事業者の管理楽曲が放送されていたことが確認されました。

 ※「シーサイドばいばい」「SAYONARA」「夢のうた」(資 料[PDF:51KB]2参照)

参考

1 資料1の作成方法
 放送事業者から当協会に対して行われた利用曲目報告のうち、電子データによる報告結果を基に作成したものです。
 「恋愛写真」は、平成18年12月31日以前、当協会の管理楽曲ではありませんでしたが、放送事業者からの当協会に対する利用状況の報告においては、管理楽曲、非管理楽曲(自己管理・他の管理事業者の管理楽曲)及び著作権消滅楽曲を区別せずに利用曲目の報告がされていることから、当時の電子データによる報告を基に確認することができました。

2 平成18年10月における電子データによる利用報告の状況
 平成18年10月当時、一部でも電子データによる利用曲目報告を実施していた放送事業者は143社であり、これは全体の470社の約30%にすぎません。したがって、今回確認された利用回数は、実際の利用回数を下回っているものと思われます。
 また、報告されていた利用曲目報告データは、FMラジオ放送事業者のうち39社が当時既に全曲報告を実施していたため、FMラジオ局からのものが約95%を占めています。

以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る