ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2009年2月23日
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

「第3世界」の違法配信サイトの運営者に懲役3年(執行猶予5年)罰金500万円の有罪判決


 京都地方裁判所は、JASRACの告訴により京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室、京都八幡署および京都下鴨署に昨年10月21日逮捕され、その後京都地方検察庁により12月2日に起訴(公判請求)された「第3世界」の運営者の男性(28歳)に対し、本日、懲役3年(執行猶予5年)罰金500万円の有罪判決を言い渡しました。

 本件「第3世界」は携帯電話専用サイトで、JASRACが著作権を管理している楽曲をJASRAC に無断で不特定多数の者にダウンロードさせていたもので、ユーザー数が推定約100万人を超える、国内最大規模の違法音楽配信サイトでした。また、この運営者は、本件サイトを運営することにより多額の広告収入も得ており、その悪質性は際立ったものであったため、今回の極めて厳しい判決になったものと考えられます。

 著作権侵害の刑事裁判における判決で、500万円もの罰金が科されたのは類例がなく不正な収入を得るために違法サイトを立ち上げる者に強い警鐘となるものです。

 JASRACは、今後も携帯電話向けの音楽の違法配信に対し、各権利者団体、携帯事業者との連携をさらに強化して違法行為の根絶に向けて取り組んで参ります。


以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る