ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2008年11月11日
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

携帯違法サイト「第3世界」の運営者と音楽ファイルのアップロード者を再逮捕
携帯レンタルサーバーの管理会社役員を幇助の疑いで逮捕


 京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室、八幡署、下鴨署及び東山署は、本日(11月11日)、JASRACが著作権を管理している楽曲 を、無断で不特定多数の者にダウンロードさせていた携帯サイト「第3世界」の運営者の男性(28歳)と、同じく無断でこのサイトにJASRACが著作権を管理している楽曲を アップロードしていた男性(53歳)を著作権法違反の疑いで再逮捕しました。この二人は、既に10月21日に同法違反の疑いで逮捕さ れていたものです。

 あわせて、京都府警などは、これらの行為を違法と知りながら公衆送信可能化を助けたとして、レンタルサーバー管理者である株式会社エー ウォーカー役員の男性(30歳)を著作権法違反幇助の疑いで逮捕したことを発表しました。携帯違法サイトに関連する著作権法違反幇助の疑いで、逮捕者が出 たのは初めてのことです。

 本件のような携帯電話による違法音楽配信は、音楽文化を衰退させることに直結することから、JASRACとしては、今後も引き続き警察や 他の権利者団体等と連携し、ネットワーク上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んで参ります。


以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る