ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2008年8月 6日
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

著作権等の侵害を知りながら放置する動画投稿(共有)サイト
運営事業者に対し著作権侵害行為の差止めと損害賠償を請求


-著作権等を侵害する動画の削除要請を拒否した事業者を提訴-


 JASRAC(日本音楽著作権協会・理事長 加藤 衛)は、本日、動画投稿(共有)サイト(「TVブレイク」http://www.tvbreak.jp)を 運営する事業者株式会社パンドラTV(本社東京)に対して、著作権侵害を理由として、本サイトにおけるJASRACの管理著作物の利用禁止と無許諾で利用 した期間の損害金1億2,800万円余の支払いを求める訴えを東京地方裁判所に提起しました。

 JASRACは、昨年6月以降同社に対して、本サイト上のJASRACの管理著作物を含む権利侵害動画の投稿を防止するために具体的な対策を 講じ、権利侵害動画の配信を停止するよう要請しました。しかし、同社は、本サイト上で発生する著作権侵害について責任を負わないと主張して、JASRAC の要請を拒否し、何らの対策もとらずに現在も事業を継続しています。その結果、本サイト上には、JASRACに無許諾で大量の管理著作物が違法にアップ ロードされ、公衆送信されている状況にあります。

 日本における動画投稿(共有)サイトは、2006年初めから様々な事業者により立ち上げられていますが、同社以外の動画投稿(共有)サイト事 業者の多くは、適法なビジネスモデルを目指して自主的に権利侵害動画を削除し、または権利者の許諾を得て適法に配信するなど、著作権侵害の発生防止措置を 講じており、権利者との良好な関係を築くよう努力しています。しかしながら、同社は、そのような対応策を一切講ずることなく、意図的に著作権侵害を放置 し、容認する無責任な運営を継続しています。JASRACとしては、本サイトの運営による膨大な著作権侵害行為をこのまま放置することはできませんので、 本日、著作権侵害行為の差止めと損害賠償の支払いを求めて提訴に至ったものです。

 今回の提訴に当たり、JASRACは本サイト上の権利侵害動画を詳細に調査しています。その内容は、2008年4月時点で、JASRACの管 理著作物を含む動画ファイルが少なくとも20,613件確認され、その分だけでも合計381万2,198回の視聴が行われていることが判明しました。この 一連の侵害行為によりJASRACが被った損害は、使用料規程に定める1曲1回の使用料に基づき算定すると、これまでに1億2,800万円を超える損害が 発生しており、今後も侵害が継続された場合1ヵ月あたり少なくとも944万円の損害が生じることになります。



以上


株式会社パンドラTVは、韓国のサイト「PANDORA.TV」を運営する法人とは無関係の法人です。

株式会社パンドラTVは、現在、ジャストオンライン株式会社に商号を変更していま す。(2008.8.21追記)


ページの終わりですページの先頭へ戻る