2008.6.16



JEITA(電子情報技術産業協会)に公開質問状を再度送付

  私的録音録画補償金制度の見直しに関して、JEITA(電子情報技術産業協会)が長年に亘る文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会での議論を無視するような見解を5月30日付で公表したことに対し、「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」(JASRAC、映像制作事業者など私的録画補償金関係権利者28団体で組織)および賛同団体(日本芸能実演家団体協議会に加盟する61団体)は本日、その真意を質す公開質問状をJEITAに送付しました。
 公開質問状では、回答期限を6月23日としています。


(添付資料)
PDF2008年6月16日付公開質問状(230KB)
(この質問状に同封した2007年11月9日付の公開質問状については下記URLをご参照ください)
(掲載URL:http://www.jasrac.or.jp/release/07/11_1.html

以上

×閉じる