2007.12.17



「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」が3回目の記者会見
公開質問状に対するJEITAの対応の問題点を指摘 」

   JASRACなど私的録画補償金関係の権利者団体で構成する「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」は12月17日、都内で記者会見を行い、11月9日にJEITA((社)電子情報技術産業協会)会長あてに送付した公開質問状に対する回答が期限までに得られなかったことについて、改めて意見表明を行いました。
 会見では、実演家著作隣接権センター(CPRA)の椎名和夫運営委員が、公開質問状送付以降の経過を報告し、JEITAの対応の問題点を指摘したほか、日本映画製作者連盟の華頂尚隆事務局次長、日本音楽作家団体協議会(FCA)の小六禮次郎常任理事、JASRACの菅原瑞夫常務理事がそれぞれ見解を述べ、記者からの質問に答えました。


×閉じる