ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2007年4月11日
社団法人日本音楽著作権協会
(JASRAC)

能登半島地震による災害救助法適用地域において
JASRAC管理楽曲使用料の徴収を行わないことについて

社団法人日本音楽著作権協会JASRACは、能登半島地震の被害が甚大であることに鑑み、被災者の皆さまにお見舞い申し上げるとともに、微力ながら復興を支援するために、つぎの措置を講じることといたしました。

能登半島地震により石川県が災害救助法の適用を決定した、石川県七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋郡志賀町、鹿島郡中能登町、鳳珠郡穴水町及び鳳珠郡能登町に所在し、JASRACと音楽に関する利用許諾契約を締結している旅館・ホテル、カラオケ飲食店、カラオケボックス、CDレンタル店などの事業者の方々について、2007年4月分から2007年6月分までの、管理楽曲使用料の徴収を行わないことといたしました。

被災地域の皆さまにおかれましては、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

 


ページの終わりですページの先頭へ戻る