ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2006年11月27日

長崎県警が「着信メロディ」の無断配信者を逮捕

 JASRACが著作権を管理している楽曲を、JASRACに無断で携帯電話の「着信メロディ」用のデータとしてインターネット上のホー ムページに掲載し、不特定多数にダウンロードさせていた長崎県佐世保市の男性(45歳)を、本日(11月27日)、長崎県早岐警察署生活安全課が著作権法 違反(公衆送信権の侵害)の疑いで逮捕したことを発表しました。「着信メロディ」の無断配信者が逮捕されたのは今回が初めてです。
 JASRACは楽曲の無断利用を確認した場合、著作権手続きの必要性や利用許諾手続きの方法を案内していますが、著作権侵害行為を中止するよう警告を繰 り返しても無視するなど侵害の度合いが悪質な場合、また民事訴訟による解決が困難な場合には、作詞者、作曲者など著作権者の権利を守るため、やむを得ず告 訴する場合があります。今回の事件については、下記の経緯により、今月21日、長崎県早岐警察署に告訴しました。


【経緯】
2002年6月 JASRACの管理楽曲が「着信メロディ」用のデータとしてJASRACに無断でホームページに掲載されていること、またこのホームページ内に運 営者名等が掲載されていることを確認。この運営者に対し、このような無断利用は著作権侵害に当たるため即刻中止するようメールおよび文書により警告を繰り 返したが、同人はこれらをすべて無視して、侵害行為を継続。
2003年2月 「プロバイダ責任制限法」(インターネット上で権利侵害があった場合に、インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)の損害賠償責任の制限お よび発信者情報の開示を請求する権利を定めた法律)に則り、このホームページに掲載された管理楽曲の削除をISPに要請。ISPは管理楽曲を削除。
同7月 同一運営者が異なるURLのホームページ(旧URLとリンクで結ばれていた)で同様の著作権侵害を行っていることを確認。再び警告を繰り返したと ころ、2004年2月にこのホームページを閉鎖。
2006年4月 同一運営者が同様の著作権侵害行為を再開していることを確認。警告メールを送信したが、侵害行為を継続。
同11月21日 長崎県早岐警察署に複製権(著作権法第21条)、公衆送信権(同23条)の侵害(同119条1号に該当)で告訴。


以上


ページの終わりですページの先頭へ戻る