ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2005年1月25日
(社)日本音楽著作権協会(JASRAC)
(社)日本レコード協会(RIAJ)

海賊版音楽DVD、CDをネットオークションで販売した男性を逮捕

 茨城県水海道警察署と同県警察本部生活安全課は、(社)日本音楽著作権協会(JASRAC)ならびに(社)日本レコード協 会(RIAJ)加盟のエイベックス株式会社、株式会社ビーグラムレコーズの刑事告訴を受け、1月24日、インターネットのオークションを利用して浜崎あゆ みなど人気アーティストの音楽DVDやCDの海賊版を販売していた山梨県中巨摩郡在住の男性(36歳)の自宅他を家宅捜索し、本日、この男性を無断複製物 の頒布による著作権侵害の疑いで送致しました。

 今回の事件は、茨城県警察本部から、昨年8月、JASRACに情報が寄せられたことが発端となっており、オークションでの購入者から茨城県警察本部に対 して任意提出されたDVD等の鑑定をおこなった結果、いずれも市販品をそのまま複製した海賊版であることが判明したものです。

 被疑者の男性は、浜崎あゆみ、倉木麻衣、BoAなどの音楽DVDやCDの海賊版をヤフーのネットオークションを利用して継続的に多数出品し、市販価格の 1/3~1/4で販売し、また、オークションサイトにおいて、「違法品であり出品を中止するように」との落札者からの警告メールに対し、逆に警告を非難す る内容の返事を出していました。さらに、侵害を受けたレコード会社からの警告に対しては、オークションIDを一旦閉鎖した後、別IDを取得して海賊版の販 売を継続するなど、対応が極めて悪質なため、JASRACと上記レコード会社2社が本年1月12日、水海道署に刑事告訴したものです。

 ネットオークションには、著作権を侵害したものが出品されることがありますが、違法品を蔓延させることは音楽文化を衰退させることに直結するこ とから、JASRAC、RIAJは、今後も引続きネットオークションなどにおける海賊版の頒布行為を撲滅するため、オークションサイト運営プロバイダーに 対する出品削除要請や、出品者に対する注意・警告を行うとともに、広報活動を通じて著作権の啓発に努めてまいります。


以 上


ページの終わりですページの先頭へ戻る