ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2003年1月22日
社団法人 日本音楽著作権協会
(JASRAC)

電子透かしの利用実証実験を実施

 社団法人日本音楽著作権協会(本部:東京・渋谷区、理事長:吉田茂。以下「JASRAC」)は、社団法人日本レコード協会(東京・中央区、会長:富塚 勇。以下「RIAJ」)と共同して、電子透かしの利用実証実験(以下「実証実験」と略称する)を実施し、電子透かし技術が違法著作物データ監視システム (以下「監視システム」※1)との組合せにおいて有効に機能し、インターネット上で違法利用されているCD音源や放送コンテンツの発見と侵害物特定に寄与 することを実証しましたので、報告いたします。

 実証実験は、実際の利用環境を想定し行いました。
 まず、市販用CD音源に電子透かし情報(ISWC)を埋め込みMP3ファイルに変換し、それをインターネットに接続された任意のサーバーにアップロード することでインターネット上に音楽コンテンツの違法利用環境を構築しました。
 次に、JASRACが運用する監視システムに電子透かし検出プログラムを実装してインターネット上にアップロードされている音楽著作物の収集と電子透か し情報の検出を行いました。
 その結果、監視システムは、電子透かしが埋め込まれた音楽ファイルを一定期間内にもれなく収集し、電子透かしとして埋め込まれた情報を抽出し、楽曲の特 定を行うことができました。
 なお、複数社の電子透かし技術が並存する環境で行いましたので、複数の電子透かし技術が並存してもインターネット上の違法利用発見、侵害物特定を行える ことも確認しました。

 電子透かし技術は、STEPプロジェクト(※2)で認定されたIBM、エム研、マークエニー・ジャパン、日本ビクターの4社の協力を得て、STEPプロ ジェクトの「テスト参加企業の募集の要綱」に準拠する技術を使用しました。

 実証実験の結果を受け、今後、電子透かし技術を利用して音楽コンテンツへの権利者情報が埋め込まれれば、インターネット上で違法利用されているCD音源 や放送コンテンツの発見と侵害物特定のプロセスの効率化が図られることが期待できると考えております。

 JASRACは、2000年、2001年に実施しましたSTEPプロジェクトを踏まえ、RIAJとの今回の共同実証実験までの一連の活動を通して、利用 可能な電子透かし技術の選定と実際のインターネット上の違法利用環境での音楽ファイルの違法利用発見、侵害物特定の実証を行ってまいりました。
 引き続き相互に連携を図りながら、電子透かし技術を利用した音楽コンテンツへの権利者情報の埋め込みを支援していく予定です。


※1 監視システム:
JASRACにより実運用されている違法著作物データ監視システム(J-MUSE)
※2 STEPプロジェクト:
利用可能な電子透かし技術の水準の設定と、水準をクリアした技術の認定作業を行ったプロジェクト(2000年、2001年にSTEP2000、 STEP2001の2回を実施)。

以上


音楽著作権管理団体とレコード協会が電子透 かし技術の有効性を世界で初めて共同実証

【参考資料】
2001年10月19日付リリース
「STEP2001」音楽電子透かし 4社を技術認定
2000年10月6日付リリース
電子透かし技術の国際評価プロジェクト 「STEP2000」の評価結果を発表


ページの終わりですページの先頭へ戻る