ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2003年1月22日
社団法人 日本音楽著作権協会
(JASRAC)
社団法人日本レコード協会
(RIAJ)

音楽著作権管理団体とレコード協会が
電子透かし技術の有効性を世界で初めて共同実証

音楽著作権管理団体とレコード協会が
電子透かし技術の有効性を世界で初めて共同実証
 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)、社団法人日本レコード協会(RIAJ)は、電子透かし技術の有効性を確認するための実験を実施し、このほ ど、その有効性を実証しました。著作権管理団体とレコード協会とが共同して実証実験を行ったのは世界で初めてです。

 電子透かし技術は、著作権等管理の分野において、

  (1) 権利管理情報の埋め込みとその活用

(2) 違法利用の発見

等に貢献することが期待されてきました。
しかしながら、その有効性が現実に権利者間で確認されたことはなく、公に実施されたものとしては、JASRACが2000年、2001年に実施した電子透 かしのベンチマークテストであるSTEPがあるのみでした。
 既にこのSTEPにおいて、現在存在する電子透かし技術は、十分実用に耐えるだけの品質を備えていることが確認されていますが、具体的なビジネスモデル としての有効性までは確認されていませんでした。
 そこで、今後の電子透かし技術の普及、発展が、著作権等の管理分野において、具体的にどのような効果をもたらすのかを確認することを目的として、今回 JASRACとRIAJで次の二つの実験を実施しました。

  (1) CD音源の放送利用実態を把握する実験

(2) インターネット上の違法利用を発見する実験

 それぞれの実験は成功を収め、電子透かし技術がこうした著作権等管理の分野において、有効に利用できることが確認されました。それぞれの実験についての 詳細は、同時に配付した実験毎のリリースをご参照ください。
 なお、両団体は、今後も引き続き電子透かし技術の普及・利用促進に向けて努力していくことを確認しています。

以上


電子透かしの利用実証実験を実施

【参考資料】
2001年10月19日付リリース
「STEP2001」音楽電子透かし 4社を技術認定
2000年10月6日付リリース
電子透かし技術の国際評価プロジェクト 「STEP2000」の評価結果を発表


ページの終わりですページの先頭へ戻る