ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


プレスリリース

2002年1月29日
社団法人 日本音楽著作権協会
(JASRAC)

音楽ファイル交換サービスの停止を求め著作権侵害で国内初の仮処分を申請


本日、JASRAC(日本音楽著作権協会・理事長吉田茂)は、「ファイルローグ」という名称のインターネット上で音楽ファイル等電子ファイルを交換する サービスを提供している有限会社日本エム・エム・オー(代表者 松田道人氏)を債務者として、当協会が管理する音楽著作物(以下「管理著作物」という。) を複製したMP3ファイルの交換停止を求める仮処分を東京地方裁判所に申し立てました。

日本エム・エム・オー社は、昨年11月1日にインターネット上に「ファイルローグ」の日本語版サイトを開設、このサービスを利用するために必要なソフトウエアを無料で配布し、ファイルローグサーバに接続した多数の利用者間で、直接にファイルを送受信させています。

「ファ イルローグ」は、各種の電子ファイルを不特定多数の利用者が匿名で互いのパソコンを使って送受信することができる仕組みであり、とりわけMP3ファイルに おいては管理著作物が録音された市販のCD等を音源にした音楽ファイルが常時7万ファイル以上も交換可能な状態にされています。

「ファイルローグ」によって管理著作物の複製物であるMP3ファイルを交換することは、著作権法が定める複製権、公衆送信権(送信可能化権を含 む。)の侵害に当たりますが、日本エム・エム・オー社は、「ファイルローグ」の利用者がこのような侵害行為に出ることを織り込んでビジネスとしてサービス を提供することにより、共同して侵害行為をし、又は侵害行為を惹起し助長しております。

すなわちこのサービスでは、日本エム・エム・オー社の運営するファイルローグサーバと利用者のコンピュータとが一体となって自動公衆送信装置を構成してお り、同社と各利用者は共同して管理著作物の送信可能化及び利用者のコンピュータにおける複製行為を行っているものであり、JASRACはその責任を明らか にすべきであると考えています。

JASRACは、このファイル交換サービスに対する著作権侵害差止請求訴訟の提起を準備していますが、本案判決を得るまでの間このような著作権侵 害行為を放置しておくことは、日々継続して大量に行われている侵害行為によって回復し難い損害を被ることが明らかであるため、同社に音楽ファイル交換サー ビスを直ちに停止させ、著作権侵害の防止措置をとらせるよう、今回の仮処分申立てをしました。

(社) 日本レコード協会のプレスリリース
この件についてのお問い合わせは: JASRAC広報部 林、若山まで

TEL 03(3481)2164(直通)


ページの終わりですページの先頭へ戻る