ここから本文になります。

JASRACを支える仕事

広報部 国際部 総務部 人事部 秘書部 企画部 経理部 システム部
適正で効率的な著作権管理を目指して、組織の内部基盤を整え、円滑な業務運営を支えています。
具体的な仕事の内容について、いくつかご紹介します。

広報部

広報部は、JASRACの役割、業務を社会に正確に伝えていくため、一般向けの広報活動や、権利者向けの会報の発行を行っています。
また、記者会見などマスコミ対応や、毎月配信している動画コンテンツ「THE JASRAC SHOW!」の運営も行っています。
この他、音楽文化振興事業として、「著作権思想の普及」「音楽文化の振興」をテーマにしたシンポジウム、コンサートなどを会員とともに立案し、実施しています。

国際部

国際施策課・国際業務課

JASRACは、世界各国の著作権管理団体と契約を結び、お互いの国の作品を管理しあっています。国際部は、著作権管理の国際ネットワークに関わる業務を行っています。
国際施策課では、主に外国の著作権管理団体との管理契約締結に関わる業務を、国際業務課では、外国団体からの著作物使用料送金に関わる事務、外国からの問合せ書簡の翻訳などをしています。
この他、国際部は、アジア地域の著作権管理水準の向上を目指し、各国の著作権管理団体からの研修生を受け入れたり、海外でJASRACの管理楽曲が正しく管理されるよう、外国団体に情報提供を行ったりしています。

総務部

総務部は、事務所の維持管理、文書管理、コンプライアンス推進、防災などのリスク管理、備品の手配、監督官庁との連絡事務などを行っています。

人事部

人事部は、職員の給与支払事務、社会保険料の算定など労務管理全般、人事計画の策定、それに基づく採用・研修事務、職員の福利厚生を含めた労働環境の維持・改善などに関わる業務を行っています。

秘書部

秘書部は、経営会議、業務執行会議の事務および役員の秘書業務を行い、素早い経営判断をサポートしています。

企画部

企画課・情報総合課

企画課は、毎年度の事業計画の策定と事業報告書の作成、定款・著作権信託契約約款などの規程変更、また法改正など国に対する要望事項に関わる事務を行っています。
情報総合課は、会社の持つ各種情報を有機的に分析・活用し、業務効率化のための提案を行っています。

スタッフを知る

経理部

会計課・信託経理課

経理部は、毎年度の事業予算の策定、決算報告書の作成をはじめ、JASRACの会計全般に関わる業務を行っています。会計課は、管理手数料による協会運営に関わる経理事務を、信託経理課は、徴収した著作物使用料を分配するための経理事務を行っています。

システム部

開発課・運用課・システム課

スムーズな許諾・徴収・分配を行うためには、作品データベースをはじめとする様々なデータベースが緊密に連携して機能することが基本となります。システム部は、これらのコンピュータ・システムの開発・運用や、各部署の業務のEDI(電子データ交換)化などを担っています。