ここから本文になります。

女性活躍推進法に基づく行動計画

JASRACは、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)

女性の活躍推進の取組を着実に前進させるべく、国、地方公共団体、一般事業主それぞれの責務を定め、雇用している、又は雇用しようとする女性労働者に対する活躍の推進に関する取組を実施するよう努めることを定めたもので、2016年4月に施行されました。

JASRAC 一般事業主行動計画(女性活躍推進法)

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2016年3月24日~2019年3月31日

当協会の課題

採用における男女別割合、男女の継続勤務年数に大きな差は見られないが、管理職に占める女性割合が低い。

目標

女性管理職比率20%以上を目指す。
女性の採用比率40%以上を維持する。

取組内容と実施時期
  • 取組1

配置・育成・評価・昇進、企業風土等に関する意識調査を実施する。

2016年3月~ 意識調査アンケート実施の検討及び実施
2017年4月~ 調査結果を検証のうえ課題に対する取組みを開始

  • 取組2

男女の区別なく人材育成を目的とした教育訓練を継続する。

2016年3月~ 研修プログラムの検討、事業計画の立案
2017年4月~ 人材育成・キャリア研修等の実施、検証

  • 取組3

採用活動において、女性が活躍できる職場であることを積極的に広報する。

2016年3月~ 採用セミナー等で育児制度や取得状況などを説明