ここから本文になります。

先輩の声

日々の交渉のなか、真摯に前向きに取り組み、常に挑戦する気持ちを持ち続ける大切さを知る。

佐野 雅彦

業務本部演奏部統括推進課課長

1995年入社 法経学部卒

JASRACとの縁

私が就職活動を始めた頃は、広く社会の役に立つ仕事だとか、スケールの大きな仕事をしてみたいという気持ちを軸に企業研究を開始しました。いろいろな企業を調べる過程でJASRACを知り、音楽利用には欠かすことができない著作権管理業務にやりがいを感じ、選考が進むにつれて入社意欲が高まっていきました。

真摯に前向きに取り組むこと

JASRACは東京の本部のほかに全国に16ヵ所ある支部のうち、15ヵ所の支部で、カラオケや生演奏で音楽を使っているスナックやレストランなど飲食店との許諾契約業務を担当しています。
私は北海道支部に5年間、西東京支部に4年間勤務し、主にこれら飲食店等での音楽利用に係る業務を担当しました。自分自身の担当地域を持ち、年間の業務計画を立て、契約交渉や法的措置を実施していくということ。この9年間の経験が、著作権管理事業者の職員としての基礎力を醸成する期間であったと思っています。
北海道支部に転勤した当初は、現在ほどカラオケ店の契約が進んでいなかったため、多くのカラオケ店に出向や電話をして毎日地道な交渉をしていました。時にはお店の経営者から厳しい意見や態度をとられることもありましたが、くよくよせず、気持を切り替えて2~3日後には同じ店に必ず行きました。「また来たのかしょうがないな」といった感じで契約をいただけることもあり、常に前向きに取り組んでいくことの大切さを実感しました。
その後、2002年に西東京支部に異動し、ここでも良い上司と同僚に恵まれました。それぞれが経験豊かでノウハウもあり大いに影響を受けました。また、私も支部の中で後輩を指導育成する立場になり、これまでの自分の体験をいかに伝えていくかということを考えて仕事に取り組むようになりました。
仕事で失敗をすることもあります。けれどもその失敗を糧にして前へ進んできました。人は誰でも失敗をします。常に挑戦する気持ち、落ち込んでも仕方がないので切り替えて次に進む気持ちが大事だと思います。そういった思いを後輩に伝えていきたいと思っていますし、是非そういうバイタリティ溢れる学生さんにJASRACに入社してもらいたいですね。

支部業務の経験を今後に活かして

現在所属している演奏部統括推進課は、これまで10年近く在籍してきた全国の支部を統括するセクションです。
それまでの支部時代のような自分で動いて契約を取ってくるという仕事から、全国の支部業務がいかにしたらスムーズに回るのか、どのような指示を出せばいいのかを考える仕事に変わりました。
現在の仕事は、主にカラオケやCDレンタルに関する全国規模の業界団体との業務折衝や市場分析、および同分野における業務ガイドラインの策定とその運用に関する支部との調整です。
その他、全国の支部から上がってくる業務報告に目を通し、どの支部が何に力を入れていて、何を強化すべきか、といったことを常に把握しておく必要があります。年に2回、全国の支部の責任者である支部長を集めて開催する支部長会議では、そういったことを踏まえて、JASRACのミッションをどう実現につなげていくか、という視点で会議を運営しています。
また、現在は課長というマネージャー職のポストを任され、部署を取りまとめる仕事も加わりました。とは言っても、部下はそれぞれ高いレベルで支部業務をこなしてきたメンバーばかりですから、個々の業務は安心して任せられます。私が心がけているのは、部下の性格、特性を把握し、働きやすい環境を作ることで、いかにモチベーションアップにつなげられるかということですね。
非常に難しい部分が多い仕事ですが、これまでの支部業務の経験を活かし、失敗を恐れず、前向きに熱いハートで取り組んでいきたいと考えています。
キャリアステップ
  • 1995年~ 放送部(現送信部放送課)
  • 1997年~ 北海道支部
  • 2002年~ 西東京支部
  • 2003年~ 西東京支部係長
  • 2006年~ 演奏部演奏課係長
  • 2008年~ 演奏部演奏課課長補佐
  • 2011年~ 人事部課長補佐
  • 2013年~ 人事部主査
  • 2016年~ 演奏部統括推進課課長(現職)
一日のスケジュール
9:30
出社。前日に届いた支部や外部からのメールやFAXを確認、優先順位を付けて対応。
10:00
課内ミーティング。支部の業務方針に関わる事項について打ち合わせを行い、全支部に方針を伝える業務連絡文書を作成。
11:00
夕方に予定している業界団体との折衝で配付する資料を作成のうえ部長へ報告し、アドバイスをもらう。
12:00
愛妻弁当で午後の活力をチャージ。
13:00
調査部による支部支援業務について、調査部と支部の担当者を交えて打ち合わせ。翌月の実施内容、スケジュールを確認。
15:00
職場に戻り、会議中に入っていた問い合わせに対する回答や事務処理をまとめて行う。途中、支部からの問合せ電話が数件入る。離れた支部職員と話す機会も新鮮。
17:00
業界団体との折衝に部長とともに出席。個別案件について協議を行うとともに、使用料規程の変更に伴う実務面での課題について、午前中に作成した資料をもとに相手方と情報共有。
18:30
業界団体との折衝で確認された内容について、報告文書を作成。全支部に状況をメール配信する。
19:00
退社。
オフタイムの過ごし方
会社のサーフィン部合宿での一コマです。和気あいあいと楽しくやっています。

この先輩の仕事を知る

演奏部