ここから本文になります。

先輩の声

常にチャレンジし続けることで、創作者の力になれる職員に

中川 夏希

管理本部外国資料部

2013年入社 国際教養学部卒

創作者の力になりたい

大学在学中にアメリカへ留学し、ダンスや音楽に関する授業を通じてセミプロの友人が多くできたことや、日本でコンテンツ制作の会社のアルバイトで翻訳等に携わっていたため、創り手の方々の役に立てるような仕事がしたいと思い、志望しました。
また、留学時代、友人たちからJASRACはきめ細かい作品情報管理システム等に定評があると聞いていたので、携わってみたいと感じました。

長く残る仕事に魅力を感じて

現在所属している外国資料部では、外国作品の日本国内での窓口である音楽出版者(サブ・パブリッシャー)から提出される作品の権利情報に関する届(作品届)や、相互管理契約を結んでいる海外の団体から届く外国書簡(国際票)を基に、内容を確認してデータベースに登録しています。国内の曲は作詞者・作曲者が1人ずつのものが多いですが、外国曲は1つの曲に10人以上の権利者が関わっていることもあります。複雑な権利関係の作品をデータベースに整理して登録する作業は、パズルのピースを埋めていく作業に似ていると思います。部署内で協力しながらデータを完成させていくのはとても楽しいです。
登録されたデータは、音楽ユーザーからお預かりした使用料を権利者へ分配する際や、音楽ユーザーが利用申込をする上で基本となる重要なデータですので、登録にあたっては細心の注意を払っています。責任が伴う緊張感のある仕事ですが、自分の登録したデータが今後何十年にもわたって活用されていくことは、大きなやりがいとなっています。

常にチャレンジ精神をもって

支部から異動してきた際に感じたのは、作品データベースはとても多くの人に支えられているんだということです。時には自分が指示する立場になることもありますので、自分の意図が受け手にしっかりと伝わるように具体的なコミュニケーションを心がけています。
また、JASRACには仕事とプライベートの両面で憧れの先輩がたくさんいます。私もそんなキラキラした女性になれるよう、努力を怠らず、どんどん新しいチャレンジをしていきたいです。
就職活動は思うようにいかないことも多いかもしれませんが、会社から選ばれると同時に会社を選ぶ立場でもあります。貴重なチャンスですので、先入観にとらわれず様々な社会人とお話をしてみることをおすすめします。出逢いを大切に、そしてその出逢いへの感謝を忘れずに、自信を持って笑顔で楽しんでほしいです。応援しています!
キャリアステップ
  • 2013年~ 中国支部
  • 2016年~ 外国資料部(現職)
一日のスケジュール
8:45
出社。
9:00
外国団体からのメールをチェック。対応が必要なものは関連部署に連絡。
9:30
音楽出版者から提出された作品届を作品データベースへ入力。
11:00
部内の定例ミーティング。年4回ある入力締め切りまでのスケジュール・進捗状況確認や、事務処理の変更点、外国団体の動向などを定期的に共有している。
12:00
同期の職員とランチ。
13:00
楽曲の権利確定に必要な情報を外国団体のデータベース等からリサーチ。
14:00
部内のミーティング。効率的な入力方法や、取扱方法の変遷などについて、グループで確認しあう。
15:00
進捗管理を担当している入力業務について、納期までのスケジュールを再確認。
16:00
外国団体からメールで届いた書簡を基に作品データベースへ入力。
17:00
退社。親友とバレエのレッスンへGO!
オフタイムの過ごし方

大学生の時に始めたクラシックバレエを、ゆるく続けています。幼いころから鍛錬されている方々のようにはなかなか踊れませんが、レッスン中は小さいころに憧れた妖精やお姫様を目指せる楽しさがあり、何よりのストレス解消になっています。充実した時間で、仲間や先生方との出会いにはとても感謝しています。

この先輩の仕事を知る

外国資料部