JASRAC 一般社団法人日本音楽著作権協会

受賞者の喜びのコメント

星野 源さん(作詞・作曲者)から寄せられたメッセージ
金賞『恋』

2018年の金賞をいただいたと聞き、すごく嬉しかったです。
この歌は、それまでのJ-POPにはないバランスで、
自分が面白いと思える瞬間だけで
ポップスを成立させたいという気持ちで作った楽曲です。
そんな曲がこうして驚くほどたくさんの人に届いたことを、
とても幸せに思います。

すぎやま こういちさん(作曲者)のコメント
銀賞『ドラゴンクエスト序曲』

去年は銅賞をいただいて、今年はなんと「♪パカパパッパッパッパ〜」(注:ドラゴンクエストでレベルアップする時の音)と、銀賞にレベルアップしました。ありがたいことでございます。とても嬉しいのは、オーケストラ音楽で受賞できたということです。関係者の皆さまのおかげと、大変感謝しております。ドラゴンクエストという強力なゲームのおかげで受賞できたので、今後もこの作品の音楽を一生懸命創り、ますますオーケストラ音楽で頑張っていきたいと思っております。本当にありがとうございました。

都倉 俊一さん(作曲者)から寄せられたメッセージ
銅賞『UFO』

3年前まで会長をやっていた頃は、差し上げたことは何回もあったのですが、いただくのは初めてということで、できれば自分で自分にあげたかったという気持ちも多少はあります。
いで会長からJASRAC賞の日にいただくことができないのは大変残念です。
このJASRAC賞、大変に光栄に感じております。ありがとうございました。

(株)阿久悠 深田 太郎さんのコメント
銅賞『UFO』

1977年に阿久が作詞した歌が、時代を超えて今なお皆さまに愛され続けていること、息子として誇りに思っております。阿久がこの賞を頂くのは初めてということで、本当に記念すべき日でございます。今日は、「お父さん、やったよ。あなたが70年代に命をかけて創った歌が、2018年のJASRAC賞を受賞しましたよ」。そう言って、母と二人で喜びを分かち合いたいと思います。本当にどうもありがとうございました。

菊池 俊輔さん(作曲者)から寄せられたメッセージ
国際賞『ドラゴンボールZ BGM』

背景音楽はその映像作品と出会わなければ生まれ得ないものであり、30年以上も経った現在でも全世界で人気のある「DRAGON BALL」というアニメーション作品に携われたことを誇りに思います。
原作者の鳥山明先生はじめ東映アニメーション・フジテレビのスタッフ皆さんへの感謝とともに、フジパシフィックミュージックそしてJASRACのご尽力による国際賞を本日有り難く頂戴いたします。ありがとうございました。

×閉じる